週刊ヤングジャンプ

キングダム【ネタバレ】592話「死に場所」感想!

投稿日:

【キングダム最新ネタバレ】

信たち前線が敵本陣に近づく一方、後方では干斗たち新米兵の部隊が窮地に・・

【 飛信隊飛麃 】

信を先頭に飛麃も趙峩龍軍の隔砂陣に突入、奥へ奥へと攻め入ります。

数多の乱戦を経験してきた飛麃ですが、隊長岳雷の胸に矢が当たってしまいます。

ドッドッ

焦る我路たち。

岳雷は甲冑が致命傷を防ぎ、戦闘を継続。

自分を心配した兵たちを鼓舞する岳雷。

「周りなど気にせず突き進め!ここさえ抜けば あとは趙峩龍の本陣だ!」

オオオッ

【 飛信隊 淵副長 】

『先頭の騎馬隊は信を筆頭に奥へ突き進んでいる。

崇原の歩兵団もそれについていく形で奥に・・

作戦通りだが、隊は間延びしてしまっている。

これでは中間を助け回るのにも限界がある・・

味方本陣を危うくさせぬためにも中間を崩壊させぬようにしなくてはならない。

松左と一度合流して中間をどうすすめていくかを・・・』

淵がそんな事を考えながら周りの状況を見渡していると、偶然にも松左の隊の兵たちを見つけます。

「お前達!松左はどこだ」

松左が敵に囲まれていた安丁の隊を助けに行ったこと、おそらく干斗たち新米兵が多く居ることに気付いて無理を承知で救援に行ったことを兵から聞かされた淵の脳裏に、嫌な予感がはしります。

『松左・・・・・』

【 飛信隊 残存歩兵部隊 vs 趙峩龍軍 包囲網 】

敵に囲まれ身動きが取れず、ひたすらに目の前に迫る敵兵と戦闘を続けている干斗たち新米兵。

しかし多勢に無勢、次々と趙軍兵に討ち取られていきます。

干斗の背中にも敵兵の槍が刺さり、前のめりに倒れる干斗。

ドザ

干斗は刺した後ろの敵を起き上がり越しに槍で切り払おうとしますが、片手で槍を受け止められてしまいます。

その横からもう一人敵兵が現れ、動きの止まった干斗に近寄り頭を掴みます。

ガシッ

「変な頭だな、お前」

そう言って干斗の首を切り落とそうとしたその時!

ズシュ

松左がその敵兵の首を槍で討ち抜き、間一髪で干斗は助かることが出来ました。

「しっ 松左さん!あ、ありがとうございます!助かりました!」

干斗が松左に礼を言いますが、状況は何も変わってはいません。

松左が助けに来たといっても僅かな人数です。

いかに手練れた兵であっても僅か十数人で状況をひっくり返すことは出来ません。

それは冷静に状況判断が出来る松左が一番わかっていました。

「バカ まだ助かってねェよ」

散り散りになりながらも、まだ生き残っていた他の新米兵たちが松左の姿を見つけ、合流せんと走って来ます。

それはまた敵兵も松左たちの下へ向かうことにもなるのです。

趙軍兵の包囲が厚くなる絶望的なこの状況下を力技で抜こうとする松左たち。

しかし、趙峩龍の生真面目な性格のせいか包囲兵の練度は高く合理的であり容易く抜けるものではありません。

ドスッ

非情にも趙軍兵の槍が松左の背中に届きます。

前のめりに倒れこむ松左。

こんな時でも冷静に状況判断・・それも自身の状態を分析してしまう松左・・

これは致命傷になると。

「松左さん!」

干斗らが心配しますが、松左は何でもないと言って立ち上がり、蠢く趙包囲兵の群れの中へ・・

干斗は自分たち新米兵はここで死んでも、松左たち先輩を死なせるわけには絶対にいかないと思いました。

「松左さんっ 俺らが命捨てて突破口を開くから!松左さんらだけでも脱出してくれ!」

他の新米兵らも干斗の意見に賛同します。

そんな干斗らの言葉を聞いた松左は干斗を睨みつけ怒鳴ります。

「そんなんなら飛信隊に入ってくんじゃねェよバカヤロ共が!」

松左はお前達も俺も信が見ている景色を一緒に見たいから飛信隊にいるんだろうと干斗らに語りかけます。

「俺なんかのために命捨てるなんて口がさけても言うんじゃねェ」

信がこの朱海平原で飛信隊が奇跡を起こして勝つと言った。

それが大将軍の道につながると言った。

だったらそれを支えるのが俺やお前達なのだと、そしてここはまだお前達の死に場所ではないと。

干斗たち新米兵は松左の言葉を驚きと感動を持って聞いていました。

「ついてこいっ 皆で死地を乗り越えるぞ」

オオオオオッ!!

松左は切れることのない敵兵を相手に先頭に立って戦い続けます。

どれくらい戦闘が続いたのか・・やがて敵兵の数が少なくなってきました。

新米兵もそのことに気付きます。

当然、状況を見る目の確かな松左はそのことにいち早く気づいていました。

敵の包囲を抜けつつあると・・。

皮肉にもその判断が緊張スイッチをOFFにしてしまったのか、松左の体が動かなくなります。

もはや自分はここまで・・松左は見極めます。

声にならない声で干斗に頼む松左・・

「わがままで悪いが最後はできるだけ信の近くに・・信の・・」

バタッ

キングダム 第592話 END

【 キングダム593話考察 】

さわやか美男は薄命がよく似合いますね。

この戦い、松左が生贄なのかと思わせるフシがありました。

ありましたけど、数少ない美男は残しておくだろうと思ってました・・

これで飛信隊に女人気なぞ要らんという作者の気持ちがハッキリしましたね。

【 松左の代わり 】

いくら淵副長でも一人で救援を仕切り回るには無理が生じます。

自分でも松左と相談しなくっちゃと言ってましたし。

この役回り、誰になるんでしょうね?

マッチアップ相手のいない羌瘣でしょうか・・それは流石にもったいない使い方ですので無いか。

いずれにせよ松左代理がいなくては河了貂の策は後ろから崩されていく可能性がありますので、誰かが代理となるのでしょう。

【 馬南慈vs亜光軍 】

この戦いを生き残りそうな馬南慈です。

亜花錦に討たれるとは思えません。

思えませんが、亜花錦におちょくられる事は確定でしょうから楽しみです。

李牧からの撤退命令が届くまでは馬南慈無双でしょうけれど・・

いずれにせよ、旧三大天の亡霊に付き合ってここで退場は無いように思えます。

亜光軍は押し込まれるでしょうけれど、信達がケリを着けるまでは亜花錦の活躍?によって持ちこたえるのでしょう。

【 趙峩龍先生 】

少年漫画の王道「最後は力押し」に屈するのが透けて見えるどころか誰の目にも明らかな趙峩龍先生の戦略戦術。

可哀そうな役どころではあります。

にしても、です。

旧三大天のブランド価値が崩壊ですよね。

しかし・・平均的能力が趙峩龍先生の個性なのです。

なにひとつ飛びぬけたものが無いのが趙峩龍先生の個性。

どこまでも浅く広く・・

何か身につまされる読者も多いのではないでしょうか。

気に病むことはありません。

ほとんどの人が平均的ですし、私も浅く広い平均タイプです。

ほとんどの国の教育が国民の平均的底上げを大前提としているのですから。

平均がいてこそ突出が輝けるのです。

そう思うと趙峩龍先生が愛しくなってきませんか?

それに・・

趙峩龍先生自信が己の能力ちゃんと理解してるんですよねェ。

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊ヤングジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.