週刊ヤングジャンプ

キングダム【ネタバレ】「解放者」と575話考察

更新日:

キングダム【ネタバレ】第574話

【関連記事】

キングダム【ネタバレ】一覧

キングダム【無料】51巻(最新刊)電子書籍で無料!?漫画村なし

【 壁とダント vs 犬戎王ロゾ 】

遼陽城の主であるロゾを討ち取った壁将軍・・

ダントが壁に声をかけます

「フッ ようやく漢(おとこ)になったではないか」

続いて壁軍の兵士達が歓喜の声をあげます

「壁様がロゾをっ・・」

「犬戎王ロゾを討ったぞォォ!」

「ウオオッ」

「うっ ううっ 壁様がァア」

壁がロゾを討ったことを壁軍兵たちは涙を流して喜んでいます。壁が兵達から慕われていることが伝わります。

壁軍兵はもちろん、フィゴ兵たちも壁を称えます。
やがてそれは大きな壁コールとなり辺りに響きわたります。

「壁将軍」

「ヘキショウグン」

「壁将軍」

「ヘキショウグン」

その大コールに我を取り戻したのか
壁は倒れているロゾを見て
白目になってぶっ倒れてしまいます。

【 楊端和・キタリ vs ブネン残党犬戎軍 】

壁コールは楊端和とキタリの元へも届いていました。

「あいつが・・やったみたい・・だな」

けしかけといて驚くキタリ。
楊端和はそれほど驚いてはいない模様。

「・・ああ、そうみたいだな・・・」

当然その壁コールは楊端和を襲撃していた犬戎兵たちにも届いていました。

「なっ」

「ロゾ様が討たれた!?」

犬戎軍の兵たちはロゾが討たれた事実に何を思うのか・・
戦闘行為を止め、その場で呆然となっています。

そんな犬戎軍の兵を見つめる楊端和・・

【 趙軍・舜水樹 vs 遼陽城・猿手族 】

楊端和にハめられ
今さら気付いて犬戎の城に急ぎ向かう趙軍と舜水樹。
白馬に乗ってますよ舜水樹。

「あの城を取られては厄介なことに・・」

いつの間にか夜が明けています。

犬戎の城、遼陽城の前に到着した舜水樹と趙軍。
そこで見たものは・・

ドドン!

山の民・猿手族を筆頭に
楊端和の指令通り”約束の地”に集結した
山の民各部族に乗っ取られた遼陽城の有様でした。

エンポ爺が高みの見物です。

「思ったより遅かったのォ 趙のアホウ共」

瞳孔開きっぱなしの舜水樹・・
その時、趙軍後方から犬戎軍が到着します。

趙軍兵らがその到着を喜びます。

「よし、奴らの力を使って城を取り戻させれば・・」

ドドド

近づいてくる犬戎軍

ドドドドドド

舜水樹が異変に気が付きます。

なんと犬戎軍を率いていたのは楊端和!!

【 楊端和・犬戎族 vs 趙軍・舜水樹 】

対峙する楊端和率いる犬戎軍と趙軍・・

「儂が行こう」

楊端和の後ろから一人の犬戎族兵が現れ前に出ます。
片目の犬戎兵です。
戦闘をするためではなく説明に向かう感じです。

応える形で舜水樹が前に出ます。

舜水樹が片目の犬戎兵に尋ねます。

「どういうこと・・

まだ舜水樹の言葉が終わらないうち
片目の犬戎兵が言葉を被せます。

「犬戎(我々)は西の山界の王 楊端和につく」

舜水樹もそれを言われることは想像していたようで
特に驚いた様子ではありません。
この状況ですもんね。

それでも説明を求めます。

なぜ城を力で取り返さないのかと、
お前らの家だろう、家族だって中にいるだろうと。
取り返しに行け、やれと。

片目の犬戎兵が言います。

「やらぬよ」

犬戎族はロゾに圧政を敷かれていました。
ロゾは絶対無比であり、ロゾが法であり秩序である。
そして懲罰は極端な家族連座制・・・

趙の役人たちはそれを知っていて無視していました。
ここにいる舜水樹も、もちろん李牧も・・

片目の男は続けます。

「楊端和は我々が望むなら”解放者”になると申し出た」

「支配者ではなく 仲間になると」

舜水樹はお前達は利用されているだけだといいますが、
片目の男は確信しています。

「楊端和がそんな奴なら、屈強な山界の多民族共を一手に吸収できるはずがない」

舜水樹も言葉がありません。

「北の大陸”匈奴”に縁を持つ貴様ならば言ってる意味は分かるはずだ」

舜水樹のルーツは匈奴のようです。

尚も片目の男は続けます。

「ここまで殺し合っといて、
お互いにいきなりうまくいくとは思ってはいない・・
だがおそらく楊端和は我々犬戎にとっても王たる王だ」

「舜水樹よ、お前達も敗れたのだ」

【 遼陽戦 十日目以降 】

遼陽城を山の民軍が占拠。

趙軍は遼陽を退去する。
退去する趙軍の中に
バジオウによって腕を切られた公孫龍の姿もありました。

趙軍が離れた後、
まだ外にいた山の民、壁軍も皆、城に入りました。
そしてまずは食べ物にありついたのです。

【 城内・キタリと楊端和 そして・・ 】

城内ではロゾによって人質にされていた犬戎族の子供たちが解放され、親らしき犬戎族の兵士らとの再会と解放を喜んでいます。

その様子を数段高い内城壁から見ているキタリ。
なにを思うのか・・

「しかし大丈夫なのか楊端和
クソ犬戎とこうもあっさり和睦なんか・・」
キタリが犬戎を警戒するべきだと楊端和に言います。

わずか数日前に兄を殺されていますからね・・
割り切れない気持ちがあるでしょう。
キタリのそんな気持ちが言葉に出ます。
「犬共は裏切るぞ」

楊端和は答えます。

「どうだろうな」

そんな話をしている時、
あの大コールが沸き起こります。

「ヘキショウグン」

「ヘキショウグン」

「ヘキショウグン」

すっかり山の民に仲間と認知された壁が
部下に肩を借りて楊端和の前に現れました。

たいした人気です。

「たっ 端和殿・・」

574話「解放者」 END

【関連記事】

キングダム【ネタバレ】一覧

キングダム【無料】51巻(最新刊)電子書籍で無料!?漫画村なし

キングダム第575話考察

遼陽の戦いの結果がでました。

山の民連合の大勝利といっていいと思います。

遼陽戦前の伏線もほとんど回収が成されましたし、

次週からはまた朱海平原にお話が移ると思われます。

【 犬戎族と兵糧 】

犬戎族は楊端和軍団に加入となりました。
リーダーはあの片目ということでしょうか・・
いずれにせよ
山の民連合に大きな戦力補強となったわけです。

どうやら遼陽には趙軍を何日間か食わすだけの兵糧があったらしく、入城した山の民・壁軍の腹を満たしています。

この兵糧を桓騎の元へ送り
味方となった犬戎族を朱海平原に送り込む

楊端和は遼陽からこれらの行動に出るものと考えられます。

【 舜水樹 】

犬戎族や山の民との戦闘を回避して遼陽を後にする決断を下した舜水樹。
最後に英断を下した形になり、知将っぽく去っていきましたけれど、遼陽戦のお粗末過ぎる行動を私は忘れません。

普通なら更迭され、お役御免になるクラスの失態です。
李牧は何と言って許すのでしょう・・

舜水樹と北の匈奴との繋がりを匂わせていました。
李牧に恩があるのか・・
李牧が仇なのか・・

いずれにせよ
舜水樹は今回生かされました。
つまり、誰かとマッチアップさせるために生かされたのです。

いまのところ楊端和以外に相手は考えられませんよね。

【 朱海平原 】

岳嬰を討ち取った信と飛信隊は
河了貂の指示通りに退却に入っています。
日が暮れるまでに作戦目的を達成させたのですから
問題ありません。

問題なのは亜光を助けに行った王賁です。
亜花錦の活躍で何とか亜光の身柄は救出することが出来た王賁たちですが
すぐ後ろには尭雲と馬南慈が・・

日が暮れて尭雲と馬南慈が追撃を止め、9日目が終わるのか

遼陽同様に夜間戦闘にまでいくのか

いずれにせよ
信たち飛信隊は王賁の援軍に向かうと思われます。
信と羌瘣、二手に分かれられるのが強みですね。

遼陽では壁が活躍しました。「ルアア!」って。
あの「ルアア!」は間違いなく信へのバトンです。

壁はロゾの頭上から顔面部と後頭部に分ける一刀でした。
信は尭雲を頭上から右半分と左半分に分ける一刀になるのではないかと想像します。

【 信か羌瘣 vs 紀彗 】

紀彗の相手は蒙恬だとは思いますけれど・・

意外とこの展開もあるのではないかと考えます。
その場合は日付をまたぐ必要があります・・
10日目になるか11日目になるかは分かりませんけれど。

【 王翦将軍 】

どこにいるんだか・・
ただ、亜光と麻鉱のことを微塵も思わない
そうした冷徹で合理的な王翦を貫いてもらいたい。

キングダム【無料】51巻(最新刊)電子書籍で無料!?漫画村なし

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊ヤングジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.