週刊少年サンデー

名探偵コナン ゼロの日常【ネタバレ】30話「パン教室」感想!

投稿日:

名探偵コナン ゼロの日常【ネタバレ】30話「パン教室」感想!

 

名探偵コナン ゼロの日常 30話 あらすじ

帝丹小学校にて、安室透と榎本梓は小学生たちにパンの作り方を教えるための、教室が開かれた。

1年B組の小学生たちの中、東尾マリアと坂本たくまという二組のパン作りに挑戦する。いざ、パン作りに取り組む際に、たくまはエプロンを忘れてしまうがマリアから貸してもらい、無事にパンを作り終える。出来上がったパンをお互いに見せ合い、和気あいあいとした雰囲気になる。たくまはマリアに、貸してくれたお礼に良いもんをあげると言う。

パン教室を終え、帰ろうとした時に、二人の姿を見た安室は追いかける。たくまは、ある建物に入り、そこにあった宝物をマリアに手渡す。二人の姿を見つけ、暗くなる前に帰るように忠告をしている最中に、突然揺れだし、建物の中に閉じ込められてしまう。そして、三人のサバイバルが始まる。

 

 

 

手づくり パンきょうしつ

「今日、パンの作り方を教えてくれる

先生方を紹介しましょう!」

 

原作でもお馴染みの、江戸川コナンの担任・小林澄子先生である。

白板には、“手づくり パンきょうしつ”

 

「喫茶ポアロの 榎本梓さんと、

安室透さんです!」

「よろしくお願いしま―――す!」

 

小林先生は小学生たちに、二人を紹介する。少し照れた様子の梓と笑顔の安室は、笑顔と元気な声で迎えられる。

そして、今回のお話のメインとなる小学生の男女。

東尾マリアと坂本たくまの二人である。

 

「コナン君も来られたら 良かったのになァ―――」

「あぁ、そうだな」

 

1年B組に在籍しているはずの江戸川コナンの姿がないようである。コナンがいないことに残念がるマリアだが、たくまは逆に頬杖をつき、不満げな表情で肯定する。

 

 

梓は、小学生たちに一次発酵を済ませたパンの生地を配る。そのパンの生地を説明した際、一次発酵について質問をされる。イースト菌が栄養を食べて、生地をふくらませてくれることです、と笑顔で答える。

 

「じゃあ好きな形にこねてみようか!」

 

調理台に小学生たちと並びながら、パン生地を切り分けていく。

小学生たちは手に取ったパン生地を触って、もちもち! やわらかい!と楽しむ姿。

 

 

「? あれ?」

 

たくまは、荷物からエプロンを取り出そうとするが、見つからない。出てこないようで、あせる。

しかし、そんな様子のたくまにマリアは着けていたエプロンを外す。

 

「ウチ、こね終わったから これ使(つこ)て!」

「あ・・・ ありがとよ・・・」

 

マリアは外したエプロンを笑顔で手渡す。笑顔で渡されたたくまは、照れながらもお礼を言いながら受け取る。

 

 

マリアに見守られながら、パン生地をこねるたくま。難しいのか、少し苦戦しているような様子。

切り分けられたバターに、ボウルに入れられた塩、砂糖。

ラップに包まれた様々な形のパン。

 

 

「それではみんなで でき上がったパンを

自分の前に 並べてみましょう!」

 

教室の皆に、笑顔で呼びかける小林先生。

 

マリアは、出来上がったパンを楽し気な表情でお友達と見せ合う。見せ合った後、たくまのパンはどうか?と尋ねる。尋ねられたたくまは、得意げな表情でマリアにパンを見せる。

たくまのパンを見て、驚きの声をあげるマリア。

見せられたパンが、何の形なのか考えるマリア。

 

「・・・・・・」

「サ・・・サッカーボール?」

「ちげぇよ!!」

 

考えて出した答えをたくまに言うが、即座に否定される。

 

「どう見ても サイコロだろ!!」

「あ、そっかぁァー! サイコロか!!」

 

身振り手振りで説明するたくま。パンの形がサイコロと言われ、大袈裟な笑い声をあげながら肯定するマリア。

そんなマリアの様子を気にしていないようだ。

 

「お前、スゴロク好きだったよな!!

エプロン貸してくれたお礼に

良いもん見せてやるよ!!」

「良いもん?」

 

 

パン教室というのは、どうやら帝丹小学校で開かれるものだったようです。

コナンたちの担任の先生・小林先生や、コナンのクラスメイトである東尾マリアと坂本たくまが登場。

小学生たちのやり取りや行動の一つ一つが微笑ましいですね。マリアとたくまとの、エプロンを貸すときのやり取りもまた微笑ましいものです。

パン作りの体験というのも、なかなかないものですので、羨ましいですね。

マリアの着けているエプロンにサイコロの絵に“Dise”という文字があるので、スゴロクが好きなのかと考えていましたが、その通りで分かりやすい!

さて、たくまのいう“良いもん”とはなんなのか、次へいこう!

 

 

 

お礼の良いもん

無事にパン作り教室を終え、お礼を述べる小林先生。

梓も、こちらこそと述べ、子供たちが喜んでいたことに笑みを浮かべる。

 

パン作りに使われた材料・機材があるようで、梓はそれを安室に任せていいのかと不安げな様子。しかし、安室は車でポアロに届けて帰ると告げる。

 

先に、出る小林先生と梓に気を付けてと見送る。

荷物をボストンバッグに詰め終え、学校を出る安室。そんな安室の目に二人の小学生の姿が見える。

 

「たくま君 待って―――」

「早く 来いよ!!」

 

「あれ? 確か・・・」

(あっちの方には・・・・・・)

 

たくまとマリアは、少し寂れた倉庫の前にいる。たくまはその扉をあけて中に入っていく。マリアは、先生に注意されていたことと、お化けが出るとたくまに言うが、否定される。

 

「怖くねーから来いって!!」

 

倉庫の中には、地下へと通じる扉があるようで、開けて地下へと降りていく。そんなたくまに不安を覚えながらも、下りていく。下りながらも、やはり不安なようで、勝手にしていいのかと聞くが、聞いていないようで。

 

中には、跳び箱やハードルなどと、体育授業に使うものをしまう倉庫のようだ。

 

「ええっと・・・・・・

確か この辺に・・・」

「あった!」

 

たくまは、勝手知ったるが如くに、倉庫の中にあった段ボールの中から目的のものをみつけたようだ。

それは、12面サイコロのようだ。

珍しいサイコロだと言い、12もあるからスゴロクに使えば、強いと勧める。

見せられたサイコロに嬉しそうな声をあげるマリア。

 

「お前にやるよ!」

「ええの?」

「エプロンのお礼だって 言ったろう?」

「俺には他にも 宝物が あるから・・・」

 

エプロンのお礼に宝物を貰うマリア、マリアにサイコロ以外の宝物を見せるたくま。

宝物を見せていると、そこに声をかける者が現れる。

 

「安室さん!」

 

 

エプロンのお礼で、サイコロを渡すたくま。相手の好きなものであることを理解して、渡してくれるのは、いいものである。秘密基地というロマンが詰まっていて良い!

しかし、マリアの不安な表情にこの場所がどういうものか、怖いですね。

次にこの場所についての説明もあるので、いきましょう!

 

 

密室になってしまった秘密基地

地下への入り口から声をかけてきたの安室。入ってきた安室は、秘密基地みたいだと嬉しそうな表情。しかし、たくまは大人である安室を立ち入り禁止と拒否する。

 

「そう言わずに、 ここは危ないよ!

前に事件もあったらしいし・・・」

 

安室は、たくまの拒否に臆することなく、出ることを勧める。事件という言葉に、二人は不安な顔を見せる。

死体が出た事件だと言い、帰るように促していた瞬間、突然建物が揺れだす。

 

「二人共、 床に伏せて!!」

 

地震が起きたかのように、扉が閉まり、扉の取っ手に引っかかるように棒が差し込まれ、それだけでなく、バスケットボールやハードルなどの道具も扉の上へと乗っかっていく。

突然の出来事に驚きながらも扉をたたくが開かず、閉じ込められたことに驚くたくま。

安否を確認し、そんなたくまに大丈夫と言い、スマホを取り出す安室。

 

しかし、ここは圏外のようで、繋がらない。

 

閉じ込められたことに冷静に対応する安室。

コナンが来たら助けに来てくれたかもしれない、ついてないと悪態とため息をつくたくま。

 

だが、マリアはこの状況を自分のせいだと言い出す。

 

「多分呪われてるねん・・・」

「お前のせいなんかじゃねよ!!

元はと言えば オレがこんな倉庫に・・・」

 

マリアは、以前にも閉じ込められたことがあるようで、自分が呪われているからこの状況になったと思っている様子。

泣き出すマリアを、自分のせいだとたくまは慰めるが、泣き止まない。

泣き止まない姿に、ついには涙を浮かべるたくま。

 

そんな二人の暗い雰囲気を破る光が灯る。

それは、缶詰に灯された火のようだった。その火をみて、涙を見せるものの、泣き止んだ二人。

 

「仕方ない・・・」

「授業は延長・・・」

 

「パン教室の次は、 サバイバル教室だ!!」

 

火の灯った缶詰を持ちながら、力強い言葉をかける安室。

 

 

閉じ込められてもすぐに冷静に対応する安室。驚きながらも悪態をつくたくま。自分のせいだと悲観するマリア。それぞれ三者三葉の反応と、子ども相応の感情を見せてくれることで、不安を煽っていく雰囲気であるが、そんな暗い雰囲気を壊すように力強さを感じさせる安室。

もし、子どもだけでいたら、泣き出したままになっていたが、大人の存在である安室がいることで、安心感を感じさせてくれる。

こんな状況でサバイバル教室をするという、ちょっと変わっていると思いました。

 

 

名探偵コナン ゼロの日常 30話の感想・考察

今回のお話では、次へと続くものの話でした。

さらに、メインは安室ではない感じでしたね。今回では、東尾マリアと坂本たくまという江戸川コナンのクラスメイトに、スポット当たっていた感じです。

小学生たちの行動に、これが本来の年齢相応の姿なのだろうなと思いました。微笑ましい雰囲気でした。

作られたパンを見て、マリアと同じようにサッカーボールと思い、サイコロと言われ、どこが?と考えていました。しかし、サイコロを見て、納得しました!なるほど、12面は思いつかなかった!

さて、密室となってしまった倉庫を三人はどう過ごしていくのか、缶詰の火はどうやって付けたのか、パン教室で使用していた材料と機材をどう利用していくのか、続きが楽しみです。

来週は、お休みなので、次回は20号まで待ちましょう!!

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年サンデー
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.