週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃【ネタバレ】115話「柱に」感想!

更新日:

【関連記事】

鬼滅の刃【ネタバレ】一覧

鬼滅の刃【ネタバレ】第115話「柱に」

鬼殺隊隊員、不死川玄弥は子供の頃の回想を視る。
鬼となった母親に襲われ、玄弥達兄妹を救うためにその母を殺した兄、実弥。
しかし混乱する玄弥は母親を殺した兄に、思わず非難の声を浴びせてしまう。

少し前、父親が死んだ時、実弥と玄弥は「母親と兄妹たち家族」を
2人で守って行こうと誓い合ったばかりだったのに…。

そして現実の世界。玄弥は上弦の鬼・積怒に襲われ、もう駄目かと諦めた瞬間、
ギリギリのところで竈炭次郎がその攻撃を食い止める。

諦めずに闘えと励ます炭次郎だったが、不意に後ろから哀絶の攻撃を受け絶体絶命となる。
が!今度は玄弥が自分の体を盾にして炭次郎を助ける。

傷付いた玄弥は炭次郎に本体の小鬼を倒すことを託す。
その思いを受けとった炭次郎の「炎の太刀」が、逃げる小鬼の頸へと炸裂するのであった。

【関連記事】

【鬼滅の刃】柱一覧!最強の鬼殺隊は誰だ!?

鬼舞辻無惨は産屋敷耀哉と同じ一族!鬼へのパワハラも過去をたどれば…

1. 玄弥の回想…突然の悲劇。

玄弥の母親は、体は小さいが働き者であり、彼は母親が寝ている姿を見たことがなかった。
父親はろくでもない輩で、人に恨まれ刺されて死んだのは自業自得であった。
父親は玄弥達兄妹によく暴力を振るったが、それに怯まずいつも庇ってくれる母親は、
彼にとって凄い存在のひとであった。

ある夜のこと。
外出した母がなかなか帰ってこないことを心配した兄・実弥は外へと探しに行く。
家では残った玄弥が他の兄妹たちの面倒を見ていた。

ドン、ドン!
突然表の戸が激しく叩かれる。
「母ちゃんが帰って来たんだ!」と駆け寄る子供達。
「待て!開けるな!母ちゃんじゃないかも…。」と玄弥が言い終わらないうちに――。

戸が壊され、何かが侵入し、同時に引き裂かれた弟の体が飛ぶ。
瞬時に玄弥の頬も切り裂かれ、他の兄妹たちも次々と血に塗れて倒れゆく。
天井に何かがへばり付き、玄弥の様子を伺っている。
獣か? 野犬か? 狼か!

それは、突然襲いかかる!  早い!  やられる…。

その時、得体の知れないものは、突然突っ込んできた人影に抱えられていた。
「玄弥、逃げろ!」 それは兄の実弥であった。

「兄ちゃん!」
寸でのところで玄弥を助けた実弥は「獣」を抱きかかえたまま窓を壊し屋外へと飛び出す!

重傷の兄妹たちを介抱し、すぐさま屋外へ飛び出す玄弥。

が……!?
玄弥がそこで見たものは――。
血まみれで鉈を持ち、独り佇む兄、実弥と…。
兄の前に横たわっている血だらけの母親の後ろ姿であった!

とうとう玄弥の過去が語られる。
働き者の母と、乱暴ものの父。そして仲の良い七人の兄妹達。
今とは全くイメージが異なる玄弥の兄妹思いの一面が描かれ微笑ましく感じられる。

この日常も突然の悲劇に襲われ、それは前回の衝撃の回想…ラストシーンへと繋がっていく。血まみれの兄と母の場面へと…。

2. 玄弥の回想…非難と誓い。

「母ちゃん!」 玄弥は倒れている母親を抱きしめ叫ぶ。
「うわあああああああ母ちゃん! 母ちゃん!」

「何でだよ! 何で母ちゃんを殺したんだよ!」
混乱し喚く玄弥。
「人殺し! 人殺し――っ!」
愕然とする実弥……。

玄弥の心の声が響く…。
酷いこと言ってごめん。 兄ちゃん。
言い訳にしかならないけれど混乱していたんだ。
他の兄妹たちも冷たくなって…
ダメだ、もう死ぬとわかってしまって……。

あの狼は、獣は…鬼になった母ちゃんだった。

俺たちを守るために闘った兄ちゃんは――
家族を襲ったのが母ちゃんだと気付いた時、
いったいどんな気持ちだったろうか。

最愛の母を手にかけ打ちのめされていた時に
必死で守った弟から罵倒されて
いったいどんな気持ちだっただろうか……。

さらに前の過去の記憶が浮かぶ。それは前に父親が刺され死んだときの事――。
父の遺体を手押し車で引く実弥、横で荷物を抱え付き従い歩く玄弥と兄妹たち。

そこで実弥と玄弥は二人で家族を守ろうと固い誓いを立てたのだ。

「これからも俺とお前でお袋と弟たちを守るんだ。いいな?」
暮れなずむ夕焼けの中、手押し車を引きながら実弥が言う。
「これからは、じゃなくて、これからも、だよな。」フンと玄弥。

その時兄の実弥がクルッと振り向き、
玄弥へ眩しすぎる笑顔を向けてきた。
キラキラと輝く、太陽のような笑顔を――。

実の母を失ったら…しかもこんなに惨たらしい形で失ってしまったら…
正気を失うのは至極当然の事であろう。
逆に正気を保つことの方が難しく、そうできる人はほぼ居ないであろう。
しかも玄弥はまだほんの子供である。
自分では「なす術」が何もなく、兄を責めてしまっても仕方がない状況なのだ。
それは兄の実弥にとっても痛いほど分かっているはず。

たとえ「鬼」とはいえ自分の「最愛の母親」を殺してしまったのだ。
その実弥のストレスと重圧は測り知れないものであろう。

「兄を責めたことをひたすら後悔し続ける弟」、玄弥と
「母を殺したことでひたすら重い十字架を背負い続ける兄」、実弥。

あまりにも重過ぎる……。

「家族を守る」と約束した時の
実弥の輝く笑顔だけが玄弥と読者の唯一の心の拠り所となる。

あの素晴らしい笑顔だけが――。

3. 炭次郎の想い。玄弥の想い。

玄弥の背後から積怒の錫杖が頸に迫る。

玄弥の心が語る。
ごめん兄ちゃん、謝れないまま俺は死ぬ。
兄ちゃんに笑いかけてもらった時の思い出を見て。

俺、才能なかったよ。呼吸も使えないし柱にもなれない。
柱に…柱にならなきゃ柱(兄)には会えない。
頑張ったけど無理だったよ。  玄弥の心の声はそう言い続けた…。

脳裏の兄が振り返り玄弥に言う。
「てめえみたいな愚図、俺の弟じゃねえよ。鬼殺隊なんかやめちまえ。」

なんでだよ!俺は兄ちゃんの弟なのに!

玄弥の頸には錫杖が――!

!?  その積怒の前腕は握っている錫杖ごと切断されていた!
その切り口には炎が纏わりついている。

錫杖は寸でのところで玄弥の左頸筋を掠めるにとどまった!

「玄弥――っ! 諦めるな!」
空中で反転しながら積怒の腕を切り落とした炭次郎が叫ぶ!

「もう一度頸を斬るんだ。絶対諦めるな! 次は切れる!」

そして、玄弥にとって決定的な一言を投げつける。
「柱になるんじゃないのか! 不死川玄弥!」

!? 炭次郎が着地したほんの僅かの隙を哀絶の三叉が後ろから襲う!

しまった、後ろ…! 間に合わない。

〝激涙刺突〟 苛烈な連打が炭次郎を襲う!

まずい、喰らった…もろに…。

ここでやっと、なぜ玄弥が「柱になること」に固執していたのかが明かされる。
やはり大好きな兄実弥に会い、認められたうえで過去に「責めたこと」を謝罪するためだったのだ! 
〝柱にならないと柱に会えない〟これが真の動機だったのだ!

実はめちゃめちゃ優しくて、お兄さん大好きな奴。
――それが不死川玄弥の真実の姿であった!

そして死を覚悟し、諦めかけていた玄弥を見事に蘇らせたのが、我らが炭次郎である!
ギリギリのところで相手の攻撃を食い止め、玄弥に力強いメッセージを送る。

「柱になるんじゃないのか!不死川玄弥!」

この一言が、彼の魂を一瞬で生還させるのだ!

く~! カッコイイ!

こんな人物に「なれるものならなってみたい!」と
心から思わせてくれるのが竈炭次郎その人なのである。

4. 本体を討て!

あれ?
倒れた炭次郎だが体は何処も何ともなっていない。

「行け!」後ろからの玄弥の声。

え??  「玄弥!!」

炭次郎が振り向くと――
体中穴だらけになった玄弥が血まみれの状態で彼を庇って立ち尽くしていたのだ!

「俺じゃ斬れない。お前が斬れ。」歯噛みしながら玄弥が言う

「今回だけはお前に譲る。」

ダッ。 託された思いを受け取り、駆ける炭次郎。
ドン、ドンッ。 銃ですかさず援護する玄弥。

炭次郎は降り注ぐ積怒の雷をかわし、逃げ惑う小鬼を確認する。
と、同時にエイヤァと刀を頸へと振り下ろす。

ズッ。
「ギャアアアアアア!」
炭次郎の燃え盛る「炎の日輪刀」が、小鬼の頸筋を切り裂いて行くのであった!

ここで何と!あの玄弥が自分の身を挺して炭次郎を守り抜く!
あんなに周りを敵対視し、柱になるためには手段をいとわず、チームワークよりも
自分本位でまさに鬼のような性格の不死川玄弥が…である!

しかも「全身が穴だらけの超痛々しい姿で」なのである。
前回まででは到底信じられないこの変わりようはいったいどんな心境の変化なのか?

炭次郎の曇りのない「自己犠牲の精神」が図らずも彼に良い影響を与えていることだけは間違いないであろう。
バラバラだったメンバーの心が一つになった喜ばしい瞬間に安堵するばかりである。

鬼滅の刃115話感想と116話の考察

今回の主役は誰が何と言おうと〝不死川玄弥〟その人である。

前半の悲しすぎる回想と、
後半の炭次郎を守る自己犠牲の精神。

この二つが〝大好きな兄、実弥への想い〟で繋がっていく――。
そして、その強い想いがさらなる大きな絆を生み出し、上弦の鬼を倒す「鍵」や「力」となっていくのである。

さあ!そして来週である

穴だらけの玄弥は本当に大丈夫なのか?
炭次郎渾身の一撃は本体である小鬼の頸を本当に斬る事ができるのか?
そして、すべての〝肆の上弦の鬼〟をホントに倒すことが出来るのか?

見事なくらい「本当に」という言葉が並びまくる。
それぐらいこの「鬼滅の刃」は〝本当に確実にこうなる〟という予想やイメージが立てづらい物語なのである。

いや、主人公である炭次郎や読者の予想の遥か彼方を超えて行く作品なのだ!

ただ、いつも言うように炭次郎の真っ直ぐな強い心はいつも読者とともにある。

それをいつも心に刻み、来週の怒濤の展開を迎えようではないか!

来週も燃えろ! 竈炭次郎!

【関連記事】

鬼滅の刃【ネタバレ】一覧

【鬼滅の刃】柱一覧!最強の鬼殺隊は誰だ!?

鬼舞辻無惨は産屋敷耀哉と同じ一族!鬼へのパワハラも過去をたどれば…

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.