週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【ネタバレ】214話の感想!

投稿日:

第213話はワン・フォー・オールにこめられたちからで先代と会うことから始まります。あまりのリアルに緑谷は「これはもう面影とかそういう類のものじゃない!夢でもない!この人は、、、後継者(この人達)は!力の結晶(ワン・フォー・オール)の中に生きているのか!?」とお思ったのです。先代から語られたワンフォーオールとは「小さな核、揺らめく炎、波打つ水面の中にある小さな点、培われてきた力に覆われる力の原始」とても意味深です。緑谷を覆っていた黒いものは先代の「黒鞭」という個性だった!!そして先代は「おまえ、最初が俺で良かったさ、これは良い個性さ」と言いました。先代から「8人の人間を渡ってワン・フォー・オールはとてつもなく大きな力となった。いいか坊主おまえにはこれから6つの「個性」が発現するのさ。」と告げられるのです。そして「心を制して俺たちを使いこなせ」「頑張れ坊主!俺たちがついてる!ワン・フォー・オールを完遂させるのはおまえだ」とワン・フォー・オールの可能性、緑谷がまだ成長できることを告げました。6人分の個性を一人の体で身につけることができるのでしょうか!そのあたりもこれから気になるところです。そして場面は現実にもどり、緑谷は正気に戻り麗日から「何ともない?」と聞かれます。そんな二人に物間が奇襲をかけてきます。そして試合は乱戦になります。お互い隠れて遠距離攻撃や罠をはって作戦をたてて戦っていましたが、もうそんなの関係ないといった感じでみんな乱戦!このチームのメンバーは遠距離攻撃や罠を作れるような個性ではなく、肉弾戦や接近戦の得意な個性が多いので、この乱戦は逆に良い状況なのかもしれません。緑谷も元に戻ったところで第5セット再開です!!

僕のヒーローアカデミア【ネタバレ】214話

第214話はなんと、ヒロアカが巻頭カラーそして、第4回人気投票の上位10人が見開きカラーでファンタジー風に描かれていました!とてもカッコよかったです!!さて、本編は第5セット再戦から始まります。緑谷の個性暴走というアクシデントはありましたが、みんなまだやる気満々、勝ちにいく気満々です。B組、柳のポルターガイストの攻撃が芦戸に襲いかかります。しかし、その攻撃を峰田がグレープバックラーで受け止めるのです。峰田が芦戸を助けるなんてびっくりです。てっきり峰田はただ逃げて芦戸に助けを求めるのだと思ってました。峰田も成長したのだと改めて思いましたがしかし!!やっぱり峰田は峰田でした。グレープバックラーで受け止めはしましたが、衝撃までは受け止めきれずそのまま芦戸の胸へダイブ!!この受け止めたあともどうなるか計算に入れた行動。もぎもぎの使い方は成長してるのに思考は全然成長してませんでした。そして芦戸に飛ばされは峰田は無造作に配置されたもぎもぎを使ったグレープピンキーコンボ跳峰田で縦横無尽に高速移動します。ちょっとキモいです笑笑場面はかわって緑谷達はというと、物間がワン・フォー・オールをコピーしようと緑谷を襲います。そして、「君の力貰ったよ!!」としかし、物間が個性を発動する前に麗日がGMA(ガンヘッド・マーシャル・アーツ)で先手をうち物間を取り押さえます。物間は少し個性に頼りすぎなところがあったので、職場体験で学んだ体術+ゼログラビティの個性の麗日に簡単に捕まってしまうのです。物間が緑谷の個性をちゃんもコピーできていたかはわりませんが、もしコピーできてたらいろんな意味で危険だったと思います。そして緑谷は心操と対峙します。心操の回想シーンですが、特訓で相澤先生から「俺はゼロから独学で5年だ、ノウハウがあるとないのじゃ違う。俺やおまえのような人間はな、いざって時一人でどうにかできなければ死ぬだけだ」と攻撃向きではない個性を持った者がどうしたらいいのかを教えてもらっていたようです。緑谷は上から落下してくる障害物をついさっき習得した黒鞭で受け止めます。どうやらうまく制御できているもよう。緑谷と心操の対戦はとても楽しみです。第214話はここで終わりますが、お互いまだまだ成長出来そうですね。しかも緑谷はまだあと5個も個性を習得する予定。今後の展開が楽しみです。

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.