週刊少年ジャンプ

ハイキュー!!【ネタバレ】338話「3人の小さな巨人が集う⁉️」感想!

投稿日:

前回のあらすじ
梟谷対狢坂の激闘‼️強打で攻撃し合う両校‼️この戦いを制したのは梟谷だった‼️
木兎は昔、練習の時に1人だったが今は仲間達がいると感じていました‼️
そして、ついに対峙する二人‼️現役「小さな巨人」同士の戦いが始まる‼️

ハイキュー!!【ネタバレ】338話「3人の小さな巨人が集う⁉️」感想!

鴎台星海「2回戦と3回戦を見た。見事だった。どっちが現役の小さな巨人か決めようぜ」
星海は再度、日向に宣戦布告する。

Bコート 準々決勝 鴎台対烏野 試合開始3時間前

なぜの人物登場⁉️

リエーフ姉「あの5番(烏野田中)の人冴子ちゃんの弟なの⁉️」

田中の姉冴子「そうよ🎵イケメンでしょ?」

リエーフ姉「超インナーが凄かった‼️ストレートも凄かった‼️」

冴子「ウインナー?」

音駒山本の妹「でも、きっとこれからサーブで狙われるからレシーブをもっと強化するといいと思う‼️」

冴子「あの子オラオラ系なくせに攻められると弱いとこあんのよねー❗」

後ろでは烏野応援団の男性陣達が歩いていた。

??「あれっ、月島さん」

月島の兄は振り返った

??「月島さんですよね⁉️お久しぶりです❗」

冴子「あっ⁉️」

冴子はかなり驚いていた‼️

一方烏野メンバーはミーティングをしていた。

宮城県内のライバルより格上の相手

烏飼コーチ「個人で一番厄介なのはレフトの星海光来だな、攻撃は超多彩でサーブも強力だ❗」

谷地(‥あの音駒と戦った後に立て続けに準々決勝とは‥この人達は何で動いてるんだろうか‥用意しているお弁当以外に何か一般人は知り得ぬ高エネルギーのものでも食べてるんじゃなかろうか‥?)

谷地の想像ではモザイクがかかった何かを食べている⁉️

烏飼コーチ「でも正直星海以上に厄介なのは‥」

その頃伊達工では作並や青根、小原が春高の中継を見ていた。

二口「なんだよ、また烏野の試合みてんのかよ」
小原「気になるくせに🎵ただ今回見るのはどちらかと言うと相手の方だろ」

青根「‥鴎台」
作並「全国トップクラスのブロックを誇るチームですよね❗」

話は烏飼コーチに戻る。

烏飼コーチ「てことで「レベルをマックスにした伊達工」にユースクラスのエースが居るチームみたいな感じだな❗」

烏野田中、東峰は暗い顔をしており、日向影山は楽しみな表情をしていた❗

烏飼コーチ「よし、澤村気合い入れろ❗」
真剣な表情で澤村は言う
澤村「‥お気付きだろうか、我々今全国ベスト8です。ベスト8‥思えば遠くまで来たもんだ」
菅「もっと遠くまで行くけどな❗」

澤村「音駒の後ぶっ続けの準々決勝はキッツイ‼️だが「魔の3日目」越えた先には準決勝”センターコート”だ」

澤村の言葉で気合いが入る烏野一同。

影山の努力

ミーティング後、烏野マネージャー清水があることに気づく❗

清水「‥影山、珍しいね(字を‥書いている?)」

影山はバックを机変わりにノートに何か書いていた。

日向「多分バレー日誌書いてマス」
清水「へぇ‥なんだか意外‥」
日向「おれも最初目を疑いました、その時その時のインスピレーションでプレーするみたいなイメージだったけど」
谷地「自己管理というやつですね‥さすが影山くん❗」

日向(自己管理、中学ん時初対面10秒で説教されたもんな‥)

日向「影山はアホで凶暴だけどバレーにだけはそうじゃない❗凄え奴だけど最初からそうだったわけじゃなくておれがバレーなんか見た事もない頃からずっとやってる❗おれだったら皆と遊びたいなーとか新しいゲームやりたいなーとか思うかもしれない日も毎日毎日毎日バレーやってきた。今までを知らなくてもわかる」

日向「だから友達も居ない‼️(だからずっと”先”に居る)」

清水「日向が影山について饒舌なの珍しいね」

一方山口と月島はタブレットで試合を見ていた。

山口「(とうとう準々決勝か‥ジュンジュン‥ケッショウ‥もし勝ったらセンターコート‥)ツッキー‼️」
デカイ声で叫んでいた。
月島「何だよ」

山口「鴎台のブロックがどんなに凄くても俺達のサーブ&ブロックはぁけないっっ‼️」
月島「何?(噛んだ❗)」

山口「俺達の、サーブ&ブロックは、負けない❗」

月島「よくもまあ2回も言ったね」

そのあと二人は爆笑していた。

一方2、3年達❗

田中「‥やはり3年の背中はでけぇなノヤさん❗」
西谷「そうだな龍」

菅「今日晩飯何かな‼️肉がいいな‥からあげ」

澤村「‥サイコロステーキ」
菅「何でサイコロ状にすんだありのままでいい」

東峰「しょうが焼」

菅、澤村「優勝❗」

澤村「美味い晩飯食うぞ❗」

烏野メンバーは会場入りする❗

憧れとの対面と日向の真意

冴子「あっ翔陽‼️」

日向「冴子姐さんだ‼️」

冴子「「小さな巨人」が来てるよ❗」

日向は過去の小さな巨人の事を思い出しながら急いで向かった。

小さな巨人「俺大学関東で烏野が準々決勝まで残ってるって見て」

冴子「翔陽コッチ‼️」

そこには黒髪で肩につくかつかないかぐらいの髪の長さ、顔はさわやかな青年がいた❗

日向「初めまして小さな巨人‼️おれ日向翔陽です‼️昔テレビで巨人さん見てバレー始めました‼️」

小さな巨人「ええ❗まじで」

冴子「間違いなく私の同級生❗高2で春高出てた「烏野の10番‼️」」

小さな巨人「おお、なつかし」

日向「巨人さんは今どこのチームですか⁉️大学?Vリーグですか⁉️調べても聞いてもわかんなくて」

影山(‥やっぱ知らねぇ人だな)

小さな巨人「俺もうバレーやってないんだ」

日向、冴子「えっ?」

小さな巨人「他にやりたい事があったし高校出てからはやってない、とくにお声がかかったりもしなかったしね」

冴子「そうなの⁉️必殺技のひとつでも伝授して貰おうと思ったのに❗」

日向はポカンとした表情だった。

影山「おいもう行くぞ」

影山の言葉で❗とする日向

小さな巨人「がんばれ、新小さな巨人❗」

日向「ハイ❗」

日向と影山はコートに向かっていった

冴子「どうしよう、翔陽のテンション下げちゃったかなあ‥」

小さな巨人「月島さんの弟さんも出てるんですよね」

月島兄「おう❗強いよ❗」

観客席にいる音駒研磨、黒尾

研磨「あ、Bコートも終わった、烏野も試合始まる」

Bコートで審判の笛がなる❗

澤村「行くぞ‼️」

日向「(昔テレビで見た小さな巨人❗あんな風になれたらカッコいいと思った)何でだろ、おれ」

日向「あんまがっかりしてない」

真剣な表情の日向

その真意はいかす

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.