週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃【ネタバレ】第147話「小さな歯車」感想!

投稿日:

鬼滅の刃【ネタバレ】147話

産屋敷輝利哉と二人の妹達は哀しみと涙を振り払い鬼殺隊の援護に徹する。
そして障子の外では元音柱・宇随天元と煉獄杏寿郎の父親が輝利哉達を見守り続けていた。

一方、〝人間に戻る薬〟を投与された禰豆子は、
炭次郎の師匠である鱗滝左近次が見守る中、床に伏し苦しみ続けるのであった。

所変わって鬼舞辻無惨が作り出した〝異空間〟の中———————

竈門炭次郎は上弦の参〝猗窩座〟と激しい戦闘を繰り広げていた。

炭次郎は猗窩座の激烈な攻撃をかわして左腕を切断、さらに顔面にも傷を負わせる。

猗窩座は炭次郎の力を認め、
彼に対する敬意の現れとして「術式展開」を構え直すのであった——————————。

 

 

それぞれの想い

二人の少女「くいな」と「かなた」は涙を零しながら
無惨が作った〝異空間の屋敷〟の図面を書いていた。

今は亡き父母や兄弟の姿を噛みしめながら―——————―——。

「泣くな。」
一番前で兄・産屋敷輝利哉が図面から目を離さずに言う。
「絶対に手を止めるな、私達は負けない。」

「はい。」 二人の妹はそれに気丈に答えるのであった。

その部屋の横の障子に仕切られた縁側には―——————————
二人の男が揃って正座していた。

それは―——————―———
元音柱・宇随天元と炎柱・煉獄杏十郎の「父親」であった。

「輝利哉様はご立派なことだ。」
天元が静かに口を開く。
「父親を亡くされた心痛の中、鬼殺隊を率い己の使命を果たさんとしておられる。」

「年端もゆかぬ子供達がこれ程我が身を奮い立たせているのだ。」
炎柱の「父」が答える。
「私も煉獄家の名に恥じぬよう命を賭してお守りする。」

一方、とある部屋では禰豆子と鱗滝佐近次がいた。
禰豆子は全身汗だくで目を瞑り苦悶の表情を浮かべている。
鱗滝はその横で禰豆子をジッと見守っているのであった。

グルルル・・・ 禰豆子が唸る。

鱗滝は禰豆子の額や顔の汗を「濡れ手ぬぐい」で拭き取りながら思う―—————————。

禰豆子はとても苦しんでいるように見える。
彼女に〝珠世の薬〟を使ったが・・・
果たして本当に人間に戻れるのだろうか?
日光で消滅しない鬼はこの世で禰豆子一人だけ・・・
もし禰豆子が人間に戻れば無惨の目論見は潰える。
鬼舞辻無惨が千年以上かけて探し続けてきた〝完全体〟の夢である。
そして「太陽の克服」は振り出しに戻る。

(鱗滝は深呼吸して心を整える。)

この長い戦いが今夜終わるかもしれない。
まさかそこに自分が生きて立ちあおうとは・・・

炭次郎・・・

お前が鬼になった妹を連れてきた時から
何か大きな歯車が回り始めたような気がする。

今までの戦いで造られたのが巨大な装置だとすると
お前と禰豆子という二つの小さな歯車が嵌ったことにより
停滞していた状況が一気に動き出したのだ。

だから・・・

負ける禰豆子、
負けるな炭次郎。 二人とも絶対に負けるな。

鱗滝は心からそう願って禰豆子をひたすら看病するのであった————————————。

 

 

「炭次郎と禰豆子の出現」こそ、この世の鬼を滅ぼすための必然であった。

炭次郎の師匠である鱗滝佐近次はそう実感する。

この物語は因果応報、世の理の物語でもある。
全ての物事は連綿の流れの中に収束していく。
どんな些細の事も大きな出来事の伏線となりいつまでもうねり動いていく。

「鬼滅の刃」は————————————
そんな人生哲学的な視点を兼ね備えた新しいタイプのマンガだと言えよう。

そしてここでは生き残った産屋敷一族をはじめとした―——————
鬼殺隊隊士以外のいわゆる「裏方」の人々の活躍が描かれている。
元音柱の天元も、炎柱・杏寿郎の父親も鬼殺隊の一員としての気概を見せる。

そう誰しもが哀しみを乗り越えようとしているのだ!!

あと、久し振りの禰豆子!
かなり苦しそうでとても心配だ。
果たしてホントに人間に戻れるのか?

その答えは来週以降ということなのである。

 

 

激突!! 炭次郎対猗窩座!!

ヒノカミ神楽   〝 火  車 〟 ! !

猗窩座の素早い右手の正拳突きが唸る!

と! 炭次郎は瞬時に上空へと大きく跳ぶ!
そのまま空中で回転して猗窩座の背後へ回り込み
頭から落下しながら〝炎の日輪刀〟を猗窩座の左脇の下へと差し込む!

いけ!! いけ!! いけ!!
腕ぐらい斬れなきゃ頸なんて絶対に斬れないぞ!!
このままぶった斬れ!!

(炭次郎は渾身の「力」と「気持ち」を刃に乗せる!)

ザ ン !   炭次郎は回転の勢いのまま大きく刀を振りぬく!!

バ ッ ! !   刹那、猗窩座の左肩が根元から切断され鮮血が立ち上る!?

斬れた!! 攻撃もかわせた!
通用する。 戦える!
頸は狙えなかった!
けど次は・・・

炭次郎は素早く着地し
振り向き様に―————————

オ ン ! !  猗窩座の「右の裏拳」が、炭次郎めがけて飛ぶ!

ヒノカミ神楽  〝 幻  日  虹 〟

フッ  炭次郎の姿が炎となって掻き消える!
猗窩座の拳が空を切る。

ドタッ 炭次郎が刃を振り下ろした状態で猗窩座の背後に現れる。

そして炭次郎は瞬時に〝上弦の参〟へと刀を構え直す!

ビッ! その途端、猗窩座の顔面から血が勢いよく噴き出すのであった—————————————。

 

 

凄い!スゴイぞ炭次郎!!

前回猗窩座と遭遇した時は何もできなかったのだが・・・今はもう違う。
猗窩座の攻撃をかわして腕を切断し、顔面に傷を付けたのである!

今まであれだけ出すのに苦労した「ヒノカミ神楽」も、普通に繰り出しているし
何よりも上弦の鬼としっかり対峙できている!!

「今までの戦い」と「柱稽古」でこれだけ大きく成長したのだ!
これは頼もしい! 心強い!!

これなら大丈夫、炭次郎が何とかしてくれる!
我々読者もいくばくかの自信を持って次へと読み進めよう!!

 

 

義勇の想い

炭次郎・・・
格段に技が練り上げられている。

水柱・富岡義勇は強く確信する。
そして炭次郎と猗窩座の戦いを前にしてその確信は実感へと変わったのだ。

今のお前のその実力は「柱」に届くと言っても過言ではない。
〝上弦の参〟を相手にこれ程戦えるとは・・・

あの日―——————
初めてお前と出会ったあの日―———————

雪の日で
絶望して頭を垂れ
涙を流しながら・・・
妹の命乞いをするしかなかったお前が———————————

命を、
尊厳を
奪われないために
ここまで戦えるようになった。

義勇は戦いをさらに見守りながら
炭次郎の驚くべき成長に畏怖と感動を覚えるのであった——————————————。

 

 

やはり一番炭次郎の成長を感じていたのは
炭次郎を鬼殺隊へと入隊させるきっかけを作った富岡義勇その人であった。

最初の炭次郎は刀も使えず
愛する者を守れない自分の非力さに絶望の涙を流していた。

が、今や〝上弦の鬼〟としっかり対峙し、
堂々と力いっぱい戦っているではないか!!

これぞ人間の無限の力!!

義勇はその事に感動し、畏怖したに違いない!

そう、「鬼滅の刃」は人間賛歌の物語でもあるのだ!

 

 

宴の始まり

「〝この少年は弱くない侮辱するな〟と言った杏十郎の言葉は正しかったと認めよう。」
猗窩座は〝参〟と書かれた眼球で、炭次郎を静かに見つめる。

「お前は確かに弱くはなかった。その事に敬意を表しよう。」

ドンッ!! 瞬時に猗窩座の全身に力が漲る。

―———————と、猗窩座の両足の裏が一気に床下を破壊してめり込んだ!!

「術 式 展 開 」!!

猗窩座は両足を広げて重心を落とし、
片手を前へと突き出して空手の様な「独特の構え」を起こす。

足元の床には〝雪の結晶〟のような大き文様が浮かび上がり
有り余る「力」が空気を震わせ、放射状に空中へと浮き上がる。

「さあ始めようか。」

そして猗窩座は薄っすらと微笑みを浮かべてこう言うのであった―———————。

「宴の時間だ。」

 

 

前回は炭次郎を〝虫けら〟扱いしていた猗窩座だが・・・
今回彼の強さを認める。
さあ! ここからが本当の 「戦い」の始まりだ!!

猗窩座の恐るべき強さは前の炎柱戦でまざまざと見せつけられているのだが・・・・
「術式展開」の構えだけで空気を震わせるパワーがあるとは心底恐ろしい・・・

炭次郎はこんな相手に本当に勝てるのか?
一抹の不安が脳裡を過ぎるが・・・
とにかく炭次郎を信じて来週を待とうではないか。

 

 

鬼滅の刃147話の感想

今回のポイントは―———————〝見守る者の想いと戦い〟であろう。

死んだ家族を想い、涙を流す「くいな」と「かなた」。
圧倒的な「信念」と「強い意志」で妹たちを励まし、隊士のサポートを続ける兄の輝利哉。
鬼殺隊と輝利哉達を守ることに「命を賭ける決意」を新たにする天元と炎柱の父。
そして炭次郎を驚き畏怖と感動の眼差しで見守る富岡義勇。

この全ての〝見守る者たち〟も、各自がそれぞれあらゆる「想い」を背負い、
時には運命や宿命と向かい合い
自分一人の力で戦って
それらを見事に乗り越えていくのである!

そして忘れてもらっちゃ困るのが―—————―———
常に全てを見守り続けている―—————
真の〝見守る者〟・・・・それは私達!!
そう、それこそ〝日本全国の読者〟なのである!!!

私達の強い「想い」は登場人物達にも負けちゃあいない!

私達は炭次郎の人生と成長を最初からずっと見守り続け、
一緒に悩み苦しみ、そして笑ってきたのだから!!

その我々読者の「想い」は・・・炭次郎にも十分に届いている筈である!
いや、これからもしっかりと届かせるのだ!!

「炭次郎頑張れ!!!」
このみんなの願いが―————————
彼が「猗窩座」との戦いに勝利し、乗り越えるための力となってくれる事を切に願いつつ、
今回のレヴューを終わろうと思う。

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.