呪術廻戦【ネタバレ】48話「黒閃」感想!

呪術廻戦【ネタバレ】48話「黒閃」感想!

前回は真希と伏黒が負傷してピンチのところに、悠仁と東堂のコンビが合流しました。今回は成長した二人のやりとりがまた見られます。

呪術廻戦【ネタバレ】48話

西宮「はぁはぁ・・・重っ!!」

空から怪我人を探し救護に徹する西宮
今はどうやら負傷した狗巻を運んでいるようだ

西宮(この二人がここまでやられるなんて・・・)
「頼んだよ、東堂くん
強いだけが君の取り柄なんだから」

東堂「いけるか!?虎杖(マイフレンド)」

悠仁「応!!」

東堂は真希を運んでいる

伏黒「やめろ虎杖!!
そいつは俺たちでどうこう・・・
ゲホッゲホッ」

東堂「パンダ」

パンダ「あいよ」

伏黒「!」

いつの間にかパンダも合流していたようだ
伏黒の後ろに現れた

東堂「二人を連れて‘’帳‘’を出ろ
西宮いわくこの‘’帳‘’は対五条悟用で
俺たちは問題なく出入りできる」

伏黒「待て!!いくらアンタでも!!」

悠仁「伏黒 大丈夫」

以前にも感じたことのある空気だった

東堂「気づいたようだな
羽化を始めた者に何人も触れることは許されない
虎杖は今そういう状態だ」

伏黒「(ギリ・・・)次死んだら殺す!!」

パンダ「はーい 行きますよー」

真希と伏黒を抱えてパンダは走り去っていった

悠仁「そんじゃ死ぬわけにはいかねーな」

東堂「俺は手を出さんぞ
虎杖 オマエが『黒閃』をキメるまでな!!
『黒閃』をキメられずオマエがどんな目に遭おうと
俺はオマエを見殺しにする!!」

悠仁「押忍!!」

花御(宿儺の器と・・・
なんだあの男は・・・?
呪力の総量だけで言えば

絶対に私より弱い

だが謎のふてぶてしさ
余程の術式をもっているのか
現にこの私が下手に動けなかった
そして『コクセン』とは・・・?
さて・・・どう来る?)

悠仁「オマエ 話せるのか
一つ聞きたいことがある

オマエの仲間にツギハギ面の人型呪霊はいるか?」

花御「・・・いる と言ったら?」

悠仁は水面を殴る

視界を乱し石を投げる

花御(軽率に距離を詰めない
そこは評価します)

パパパパン!!

相手の意識を逸らしたところに蹴りつける

花御(速い!!
先程の少女以上の瞬発力!!
だが威力はお粗末だ)

悠仁(胴体ガラ空き!!
手加減した打撃で油断しまくっている
今ならキマる!!)

わざと威力を抑えていたようだ

『黒閃』

その時、悠仁の頭には怪我をした伏黒、呪霊になり殺された純平の姿が浮かんだ・・・

悠仁「クソ!!」

攻撃は失敗した

花御からの攻撃を避けつつ岸辺に移動する

東堂「虎杖(マイフレンド)」

パァン

ビンタした

東堂「‘’怒り‘’は術師にとって
重要な起爆剤(トリガー)だ
相手を怒らせてしまったばかりに
格下に遅れを取ることもある
逆もまた然り
‘’怒り‘’で呪力を乱し実力を発揮できず
負けることもな

伏黒(とも)を傷つけられ・・・
そして何より親友である俺との蜜月に水を差され・・・
オマエが怒髪天に陥ってしまうのは
よぉーく理解できる
だがその怒り オマエには余る
今は納めろ」

パァン

笑顔で二発目のビンタ

両方の頬でバランス良し

花御(仲間割れ・・・なのか?)

東堂「消えたか?雑念は」

悠仁「あぁ 雲一つねぇ」

Thank you so much

東堂(ベストフレンド)!!

『黒閃』

打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み

威力は平均で通常の25乗

「黒閃」を狙って出せる術師は存在しない

だがしかし

「黒閃」を経験した者とそうでない者とでは呪力の核心との距離に天と地ほどの差がある

ツー

口からヨダレを垂らしても気づかない

花御(凄まじい集中力・・・!!)

打撃との誤差0.000001秒以内に
呪力が衝突した瞬間空間は歪み

呪力は黒く光る

『黒閃』

花御「なっ・・・・・!!」

東堂「成ったな」

黒き産声があがったー

呪術廻戦【ネタバレ】48話感想!

と、今回はここで終わりました。

いや、予想はしてましたけどね。
してましたけども、東堂と悠仁のコンビでここまで突っ込みが追い付かなくなるとは・・・

何からどこから突っ込めばいいのかわかりません!!

東堂の師匠感すごい出てますけど、呪力の量だと絶対に花御より弱いなんて言われてますけど・・・

えっ、弱いの!?

めちゃくちゃ自信満々な感じじゃないですか!
悠仁が新技を決められなければ見殺しにするってそういうことですか!?
きっとそんなことなく、一緒に戦う展開になりそうな気もしますけどねぇ

っていうか、俺は手を出さんぞって言っておきながらビンタ2発してますよ!

最初はまだわかります。
怒りに任せて攻撃してるのを許せないから叱責のビンタですよ。

そのお説教の中の「そして何より親友である俺との蜜月に水を差され・・・オマエが怒髪天に陥ってしまうのはよぉーく理解できる」

いやすごいな!自分で言えちゃうなんて!

からのもう一発がわからない。
両頬叩く必要あります?

もうね、東堂と書いてベストフレンドと呼んじゃった悠仁の精神面が心配になりますよ。

えっ、これって洗脳?

たった数時間しか経っていないはずなのにこんな絆深まります?

どうしちゃったんだろう?

気になること山の如しですが、新技できたからまた新たな展開になるでしょう!

次回楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする