火ノ丸相撲ネタバレ!231番「鬼丸国綱と童子切安綱、対話」感想!

前回までのあらすじ

横綱の刃皇が7日目に敗れるという大波乱が起こった今場所。8日目に大包平が大典太に勝利をしたことでただ一人全勝で独走するという形になりました。鬼丸はもう負けられない状況で8日目の対戦相手は、一敗の大関の童子切となりました。しかし童子切は大包平との戦いで足を負傷してしまっていました。翌日以降の相撲は休場と思われましたが強行出場をしてきたのです。童子切が怪我を押してまで、出場をする意味を与える鬼丸に観客や力士たちも注目を集めていました。そしていよいよ鬼丸と天王寺の因縁の戦いが始まるのでした。

第231番「鬼丸国綱と童子切安綱、対話」 あらすじ!

強烈な童子切のかち上げが鬼丸を襲います。怪我をしているからという理由で遠慮をすることは鬼丸の頭には全くありませんでした。相手はあの天王寺獅童であるためです。その天王寺に勝ちにこの勝負を挑みました。鬼丸は果敢に廻しを取りに行きますが、天王寺は絶対に廻しを取らせない相撲でした。突き合いになれば鬼丸の方が優勢であり、腕を手繰ったり体を潜り込ませることもできますが、童子切は常に相手の全身を捉えながら距離を保ち、頭を下げて手数よりタイミングで確実に前に出る相撲でした。言葉では簡単に表せますが、それを狂いなく実行することができるのが天王寺の恐ろしいところでもあります。鬼丸の方が勢いでは押していましたが、徐々に土俵際に追い込まれていきます。しかし童子切の相撲を見ている力士は今回の取り組みが、泥臭くらしくないことを直感していました。その原因はやはり膝にあり、痛み止めを打ってテーピングで固めて出場をするほどの状態でした。今場所は怪我をしてでも出場をしないといけないほどの特別な場所であり、他の力士も故障を抱えつつ出場していました。押し込まれたら危ない状態でしたが、押し込まれないようにして戦うことを決めていました。鬼丸とは土俵の上で山ほど語りたいことがあり、それが出場する理由にもなっていました。怪我の状況はすぐに理解できましたが、それを払拭させるほどの覚悟と圧力を童子切から感じていました。頭の中でいろいろな手を考えますが全ては童子切の想定の内なので、それを超えるために頭でのぶちかましに出ます。しかし威力が足りず、逆に押し返されてしまいます。そして自分が怖がるのではなく相手を怖がらせるために角度、足の運び、力の入れ具合、体の声を聞いて出すことができる会心の一撃の感覚を思い返していました。鬼丸は戦いの中で成長することができる力士でした。

鬼丸と童子切は戦いの前日に直接会って話をしていました。鬼丸は天王寺のおかげで強くなりました。そして強の勝敗次第でこのまま強行出場を続ける予定でしたが、この日を境に休場をして後の勝敗を鬼丸に託すことにしました。その理由は天王寺の想像を大きく超える鬼丸のファンであるからでした。今場所はただの優勝ではなく、刃皇を倒して優勝してほしいという意思を鬼丸に託しました。そして今日の取り組みで鬼丸はその意思を受け取って、見事に寄りきりで童子切を倒します。そして9日目に童子切は休場届を提出すると同時に記者会見を開きます。そこで土俵の上では語りきれなかった鬼丸への思いを語ることを誓って記者会見に臨むのでした。

第231番感想!

負けることができない大一番は鬼丸が童子切を破って勝利をして優勝決定戦を踏みとどまることに成功しました。そして童子切が球場をすることになり、優勝決定戦から一人が脱落する形になりました。敵同士でありながら、お互いに認め合って尊敬をし合う二人の絆が見えた回でもありました。さらに童子切は記者会見を開きます。そこで鬼丸への語りきれなかった思いをどのようにして伝えるのでしょうか?そしてもう負けられない柴木山部屋の二人が9日目にぶつかる相手は一体誰になるのでしょう?一敗の刃皇と唯一全勝を守り続けている大包平を誰が破るのかも必見です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする