鬼滅の刃【ネタバレ】第150話「気づき」感想!

鬼滅の刃【ネタバレ】150話

鬼殺隊水柱・富岡義勇は猗窩座との命を賭けたギリギリの戦いで、
自分の限界を打ち破り、ハイパーモードである〝痣〟を発現させるのであった。

義勇と猗窩座の激しい攻防が繰り広げられる。

一方、竈門炭次郎は義勇と一緒に戦いながらも―————————
一刻も早くこの戦いを終わらせるために
猗窩座の強さや技の能力の秘密を探ろうと思考する。
すると、炭次郎の心に「闘気」という言葉が浮かんでくるのであった。

その言葉は———————―———
前に伊之助との会話の中にあった事を思い出す。
そして全てのヒントはそこにあることに思い至る。

炭次郎の心の外側、現実世界では
死と隣り合わせのさらなる戦いが続く中、
とうとう炭次郎は猗窩座の能力の「秘密」に気づくのであった————————————!!

義勇、発現!!

ヒュウウウゥゥゥ・・・・ 富岡義勇の息吹が辺り一面に木霊する。

俺は極力刀を抜きたくはないし・・・
誰かれ構わず娯楽のように手合わせするのも好きではない。

けれども今—————————
義勇は己が圧倒される強者と久々に出会い、
短時間で感覚が鋭く練磨されるのが分かった。
それは閉じていた感覚が叩き起こされ
強者の立つ場所へと引きずられる感覚であった―————————。

ギリギリの命の獲り合いというものが
どれ程人の〝真の実力〟を伸ばすモノかを・・・
今、義勇はしっかと理解したのだ。

「義勇さん・・・。」
横で炭次郎が驚きの表情を浮かべる。

その炭次郎の大きく見開かれた両目には—————————

富岡義勇の左頬に浮かび上がった、
水の如く大きくうねる紋様の形をした〝痣〟が映っていたのだった―————————―——。

義勇、〝痣の発現〟!!

出ました!! 最強スーパーモード!!
ドラゴンボールでいうとスーパーサイヤ人状態!!

とうとう義勇もやってのけたのだ!!

普段は静か過ぎる義勇だから・・・
あまりに好戦的、戦闘的ではない義勇だからこそ・・・・
このギリギリの状況での〝痣の発現〟が可能となり得たのだ!!

こうなると義勇は超無敵状態だ!!
いくら猗窩座といえどもちょっとやそっとでは倒されない筈!!

このまま一気に行け!! 義勇!! 捉えろ義勇!!

我々もはやる心を抑えて次へと進もう!!

闘気って何だ?

〝痣〟が発現した義勇の猛攻が始まる!!
猗窩座の繰り出す素早い拳を難なくかわし、
刃の鋭い切っ先をすんなりと猗窩座の頸へとすべりこませる。

途端にその「刃の軌道」は激しい〝水の渦〟へと変化し、
猗窩座の頸を半分近く切断する。

ダ  ン !    猗窩座は後ろへ宙返りして距離を置く。

そして
猗窩座は頸の修復を瞬時で終えて思考する。
〝痣〟が発現した・・・
そして技の速度が・・・

「上がった!!」と、炭次郎は思わず叫んでいた!!

ド     ン    !   !

思考する猗窩座の目の前に義勇が迫る!?

水の呼吸   肆ノ型     〝  打   ち   潮  〟 !!

上下左右あらゆる方向から、
苛烈な〝水の帯〟が狂いながら獰猛に猗窩座を襲う!!

ブシッ! 猗窩座が拳で受け、手首まで真っ二つの鮮血が走る!
そして、それを合図に義勇と猗窩座の目まぐるしい攻防が始まるのであった。

(戦いながらも炭次郎は考える。)

どちらも速い!!
だけど・・・
義勇さんの速度に猗窩座は即座に順応した。
長期戦になれば人間には圧倒的に不利だ!!

そもそも「無惨を倒す」ことがこの戦いの目的。
猗窩座にそんなに時間を費やすわけにはいかない。

早くしないと珠世さんも危ない。
急げ!! 急げ!!
早く倒さないとみんなが死んでしまう・・・

いや、焦るな・・・落ち着け。
こういう時こそ落ち着いて考えるんだ!
絶対に思考を放棄するな。

なぜ猗窩座の攻撃は磁石のように正確なのか?
背後や死角からの攻撃にも必ず反応する理由は?

と・・・炭次郎の脳裡に猗窩座のある言葉がよぎる。

「その闘気、練り上げられている。 至高の領域に近い。」

そうだ・・・
前の煉獄さんとの戦いで・・・
猗窩座は「闘気」という言葉を使っていた・・・・

〝では闘気って何だ?〟

俺が匂いで色々なことを感知できるように、
その「闘気」で何かを感知しているのか?

炭次郎は一瞬の時間の中で、
ひたすら「闘気」についてを考え続けるのであった—————————————。

凄い!! 〝痣〟を発現させた水柱は猗窩座と互角に戦っている!
これなら十分に勝機ありだが・・・
如何せん人間の体力には限りがあるため、
一刻も早く決着を付けなければならない状況は変わりがない。

それにしても、この危急を要する状況の中でも・・・
「焦るな、落ち着け」と、
冷静にクールダウンする炭次郎の心の強さには敬服する。

そう、猗窩座の「強さ」と「攻撃」の「能力の秘密」を解き明かさない事には・・・
絶対に迅速に勝てないと素早く状況判断をしたのだ。

そう、これも凄い!!
やはり炭次郎は今までの死闘の中で、
死の淵を幾度もかいくぐりながら―——————―—————
恐るべき早さと大きさで「柱」に近い成長を遂げてきているのだ!

こんな危機的状況においても、
炭次郎のことを何か頼もしく感じ、安心して見ていられるのも・・・
我々読者が今までずっと彼の成長を見守ってきたからなのであろう。

伊之助の自慢話

「ヒリヒリするんだよな! 敵が狙ってくる所は。」
回想の中の伊之助は言う。

「だから伊之助は妓夫太郎の攻撃に気付いたんだな!」
炭次郎は素直に感心する。
「後ろからだったのに凄いなぁ。」

「おう! 誰かが見てりゃあ後ろからだろうが俺は分かるぜ!」
伊之助は鼻高々である。

「じゃあやってみせてくれよ!」と炭次郎。
「いいぜ!」伊之助は二つ返事で背を向ける。

じーっ。  (炭次郎が伊之助の背中を凝視する。)

「右肩見てるだろ!」伊之助が即座に言う。
「すごい! 当たりだ!」ビックリする炭次郎。

「特に殺気を込めて見てくる奴は一発でわかるぜ。
なぜって自分に害があるもんはやべえからな。
殺気ってヤツは体の皮にグサグサ刺さってくるんだぜ」
伊之助は自慢気にこう捲し立てるのであった。

(炭次郎は思考を続ける。)

そうだ―——————
伊之助も研ぎ澄ました肌の感覚で目に見えないものを感知していた・・・
それから・・・あの時―—————何を話したっけ―—————————

(炭次郎はさらに伊之助との会話を思い出すことに集中する。)

回想の中の伊之助は再び語り始める。
「ただ逆に殺気とか害意がない奴ってのが気づきづらかったりするんだよな。
ちくしょう! あのチビ婆!!」

「あの〝藤の花の家紋の家〟の婆は恐ろしかったぜ・・・!!
いつの間にかおにぎり持って俺の後ろに座ってたんだぜ!!」
伊之助は悔しがる。
「その時俺は思ったね・・・殺気を出さずに近づけりゃあ気づかれねぇってな!」

「うーん・・・でもそれは―—————
お婆さんが伊之助に危害を加える気がなかったからだろう?」炭次郎は考え考え言う。
「殺気を出さずに鬼を殺すのは不可能だと思うよ。」

「ま、そりゃそうだろうな。」伊之助が答える。
「殺気の込もってないへろへろの一撃じゃあ・・・鬼の硬ぇ頸は斬れねぇよなぁ。」

そこで————————―————
炭次郎の意識は一気に目の前の戦いへと引き戻されるのであった————————————。

超久々の伊之助登場!!
自慢げに、上から目線で鼻高々に「殺気」について話す伊之助は―——————
回想の中でもふてぶてしくて超元気そうなのでなによりだ。

それにしても、炭次郎が視る回想には・・・
その〝戦いの核心〟を突くヒントが隠されたモノが多く、
必ず戦いを終わらせることができる類のものが多いのだが・・・
これも彼の「能力」の一つだと捉えると非常に合点がいく。

炭次郎のこの素晴らしい危機回避能力が―—————
恐るべき早さで「自分の身を守るための術」を常に脳内でサーチしているのである!
そしてこの「能力」は他の柱や鬼殺隊の隊員、
強いては全人類のために役立つのである。

このようにどんどん成長していく炭次郎には
途轍もない頼もしさを感じずにはいられない!

気づき

炭次郎は「伊之助との会話」を思い返していた。

何のたわいもない会話だったけど―———————
何か「核心」をついているような気がする・・・

猗窩座の感知する〝闘気〟とは一体何だろう?
殺気とは違うものなのか?
それは戦おうとする意志?
鍛錬した時間?
それとも鍛錬の量?

もしかして俺の匂いでの動作予知に近いものなのか?

猗窩座の〝闘いの羅針盤〟・・・・・
これを狂わせる方法が何かないのか?

ヒノカミ神楽    円舞・・・

炭次郎は猗窩座の右側後方からその頸へと刀を振り下ろす!!

が・・・・!?
刃が猗窩座の後頭部へ届く瞬間、鬼の左手で掴まれる!
そして猗窩座はその勢いのまま右の裏拳を炭次郎の右わき腹へと繰り出す!

「胴ががら空きだぞ! 炭次郎!!」

(いけない! 入る!!)

炭次郎は空中で上へとのけ反り猗窩座の攻撃を紙一重でかわす!
攻撃は避けれたものの・・・
炭次郎の腹部の隊服は裂け、腹筋の表面に薄く横一文字の傷が入る。

ビチ 猗窩座の指から刃が離れる。

ガ  ガ  ガ  ガ  ガ !!

炭次郎が猗窩座から離れた瞬間、
義勇の激しい「水流の連撃」が猗窩座を飲み込む!

炭次郎は義勇の攻撃に巻き込まれまいと横に避ける。
と・・・・

ドクン、ドクン・・・ 炭次郎の鼓動が高鳴る!

(今までの全ての言葉が頭の中で一つに集約する!)

闘気
磁石
羅針盤
感知
殺気
不可能
至高の領域

そうか!

あれだ!!??

刹那―—————————炭次郎には全てが理解できた!

そう、
猗窩座の能力の「秘密」にハッキリと気づくのであった—————————————!!

!?  炭次郎が〝猗窩座の能力〟の秘密に気付いた!?
しかもこんなに激しい戦いの最中に!

炭次郎はどれだけの「集中力」と「危険回避能力」を持っているのだろう!
いつもながらに感心してしまったのは私だけではない筈だ。

そしてその〝気づき〟とは一体どんなものなのか?
今知りたい! 早く知りたい!

が・・・!?
その能力の「正体」は、来週のお楽しみという事なのである。

鬼滅の刃150話の感想

さて、今週は先週に引き続き
〝炭次郎と義勇v.s.猗窩座〟の激しい対決が描かれる。

その中で注目したいのは義勇と炭次郎それぞれの〝心の目覚め〟であろう!

富岡義勇はギリギリの命のやり取りが―———————
どれだけ〝人の(自分の)実力〟を伸ばすかを理解し、
その結果、〝痣〟を発現させたハイパーモードへと「目覚める」。

かたや炭次郎は戦いながらも
今までの情報や回想を分析し直し、
どうやったらこの危機的状況を脱出して猗窩座を倒せるだろうか―——————と、
思考に思考を重ねることで・・・

「〝猗窩座の能力の秘密〟を解明する」=「勝つことができる」

ということに全てが帰結し―———————―——
戦いと情報の中で必然的な「閃き」に気づき、新しい状況に「目覚める」のである!

そう、人間はどんな時でも―——————
それは困難や苦境が立ちはだかったりした時、
進展しない状況に焦りを感じたり、
何か嫌な事があってあきらめかけた時でも、

しっかり内面の自分と向き合うことで―————————
今までと違う自分に目覚めたり、
閃きに目覚める事ができ、事態を変化させることができる―————————

つまり、
人間は常に現状を打破して、
前に進んで行けるのだという事を、
我々読者に教えてくれているのではと思われてならない。

さて! 来週である!

炭次郎は猗窩座の能力を打破し、見事に勝利してくれるに違いない!

胡蝶しのぶが亡くなった今・・・
もうこれ以上の哀しみは二度と味わいたくない・・・
いや、もう二度とごめんだ!!

だから! 炭次郎と義勇は絶対勝ってくれるに違いないし、
カナヲも童磨に勝利し、
鬼殺隊全員が一丸となって上弦の壱や鬼舞辻無惨と対峙する!

読者はこの展開をいつも心のどこかで期待しているのである。

さあ!  願おう、一刻も早い会心の勝利を!

そして目覚め、閃き、感じよう!
私達のこの「想い」が全てをより良く変えていけるという事を!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする