ワンピース 第941話 「 えびす町の人気者 」ネタバレ、感想、考察

【 あらすじ 】

「花の都」は騒然としています。「九里」にて山火事の報と、「丑三つ小僧」がついに捕まったという報によって。「オロチ様、小紫の死については心中お察ししますが・・・」閉じこもっているオロチの部屋の前で鎮座し、語りかける福ロクジュ。
「丑三つ小僧について少々お耳に・・・」「黙れ!!どうでもいいわコソ泥の話など!!!」「いえしかし、その正体がただ者ではなく・・・!!」ドカァ!!っと襖を破り、福ロクジュの目前に首を伸ばしてきたオロチ。「貴様らなどに最愛の女を失ったわしの心がわかろうものか!!あんな美しい女は、もうこの世のどこにもおらぬ!!小紫を返せ!!!」慌てる福ロクジュ。
「お言葉ですが・・・!!殿に刃向かった者をもしあの場で生かしておけば、殿の威厳も評判もガタ落ちであったかと!!」
狂死郎の判断は実に賢明であったと存じます──して!!よくぞ出てきて下さいました。貧乏人共の英雄・丑三つ小僧。現在、羅刹町牢屋敷にて身柄を拘束しておりますが・・・実はその正体・・・・!!」

唖然とし驚くオロチ。「なぜ奴が生きている・・・!!?」「いかように?」「見せしめるに決まっておろうが!!国中に光画(ひかりえ)をさらせ!!!」
「光画ならもう手配済みです、殿。」どこからともなく現れ、座っている狂死郎。「ぬ──!!狂死郎!!」怒り状態のオロチ。「本日は小紫の葬儀。一つ所に人が集まりすぎ、大混乱を招く恐れがありますゆえ、すでに準備を・・・!!」「では丑三つ小僧は、小紫のお供に死なせよう・・・殉葬にするのだ!!都の二大スターが同時に死ぬとは皮肉なものよのう!!現場へ行くぞ・・・馬を出せ。」

兎丼「囚人採掘場」──

電伝虫によってカイドウからクイーンに小紫の死が伝えられ、大粒の涙を流すクイーン。「光画タニシをつないでみろ。」とカイドウ。「おい!!花の都を映せ!!」「は・・はい!!すぐに。」のっそりとやってきたのは、光画タニシ(映像電伝虫のこと)。

「んー!?何だ何だ、おい風船!!今日の相撲はまだか!?」「なんか夜の内に太ってねェか!?貴様ら!!!」ルフィ、ヒョウ五郎の姿を見て驚くクイーン。それもそのはず、土俵に上がっている二人、夜の内にクイーンのおしるこを食べ過ぎたようで、まん丸になっています。クイーンの部下たちはおしるこのなくなっている事実に気づいていますが、今の状況でクイーンに伝えると、何をするかわからないということで報告はしていない模様。
ブゥーンと、映像を映し出す光画タニシ。

九里「頭山」盗賊酒天丸のアジト──

火の手が速く、消化は無理と判断し逃げ出そうとする一味。「博羅町のホールデムの部下です!!こいつが放火を!!」放火犯を捕まえた酒天丸の部下。「だろうな、行くぞ!!!あの野郎ブッ潰してたらァ!!!」「酒天丸さん、しかし博羅町を潰せば、カイドウの軍が押しよせて来やすぜ!!!」

九里「ある廃村」──

「錦えもん!!アシュラ童子が博羅町へ!!」「もうか!!急ぐぞイヌアラシ!!」「放火とは!!想像より大事になったな。」「百獣海賊団の目の敵になってくれればよしだ。ああいうバカはこうでもせんと動かぬ!!作戦は頓挫し解決策も見えぬ!!アシュラは我々に必要な男だ!!!」

九里「博羅町」──

「今日は花の都が面白そうだな。光画タニシをつけろ!!」ルフィの攻撃の傷がいえていないホールデム。「酒天丸が山火事で死ぬ所も国中に見せてやりたかったが。」

鈴後「北の墓場」──

「この家人がお住まいでしたか!!何かすいません、お取り込み中。えー!!?ゾロさん!!?」ブルックが錦えもんの指示でいたのがこの家のそばの井戸だったようです。日和、トコと添い寝をしていたゾロを見て驚いたブルックです。

「やーしかし、あのモモの助さんの妹さんとは!花魁のような美しさ。ゾロさん羨ましい!!」当然のように羨ましがるブルック。「今都は大騒ぎですよ!!ワノ国一の美女、花魁小紫さんのお葬式で人だかり。更に!!貧乏人に盗んだお金をバラまく大泥棒、丑三つ小僧という人が捕まったとコレまた大騒ぎ!!」「丑三つ小僧が!?うそでしょ!!?」驚く小紫。
「その正体が謎だったようで・・・えびす町の人気者!!何ヤスさんでしたか・・・いやしかもその方実は・・・」「はァ!?トノヤスか!?」「そう!!その人!!」「え!!?あたいのお父ちゃんだよ!!?」ゾロ、トコも驚いた様子です。
「え~~~~!!?大変だ。言いづらいですが!!本日その方、都で処刑される事に!!」

「お父ちゃん!!お父ちゃん!!」と言いながら飛び出すトコ。「待ってトコ!!ダメよあなたも命を狙われてるのに!!私追います!!昨日は本当にありがとうございました!!」後を追おうとする日和。「バカ待て、お前じゃ守りきれなかっただろ!!」「えーちょっと、私今都から来たとこなのに!!待ってくださーい!!」

「花の都」──

「こんな花魁道中見たくない~~~~」小紫の遺影の花魁道中。集まった町の人々も涙ながらに見つめます。「なぜ羅刹町へ向かうんだ。」町人が聞きます。「オロチ様に逆らった女だ!!羅刹町牢屋敷にて罪人として火葬される。」

「えびす町」──

「見ろ!!牢屋敷の正門が映った!!」「トの康さんが磔にされてる!!」「・・・トノヤスさん泥棒だったそうよ。」「どういうこった意味がわからねェ!!仏じゃねェのか!?」ロビン、ウソップ、フランキー三人共に驚いています。
「思い出した・・・あの髪型で。」「泥棒なんて小さな問題よ・・・・!!」カン十郎、しのぶがトノヤスのことをやっと思い出したよう。「何だ!?何者なんだ。」「康イエ様だ!!かつておでん様と並び、光月家に仕えた大名の一人!!」「白舞(はくまい)の大名、ハリネズミの康!!とても厳格で、当時の面影がまるでなかった!!」

羅刹町「牢屋敷」──

磔にされた康イエを見て町人たちが「下ろせ」と大騒ぎ。康イエの頭はまさにハリネズミのような髪の毛。顔を中心に向日葵の花びらのように髪の毛が広がっている。
「わはははは!!まだ忘れ去られておらなんだか・・・ムダじゃ皆の衆。オロチはわしを逃がしはせぬ!!まずは皆に詫びたい事が二つ!!オロチのバカに言いたき事が一つ!!!それを言うたら!!笑ってあの世へ参ろうぞ!!」磔にされながらも笑顔の康イエ。

そして・・・トコは間に合うのか???

【 感想・考察 】

(´゚艸゚)∴ブットノヤスの正体・・・・〓■●バタッ予想外でした。と言いますか、今までまったく出てきていなかった人だったのです。
失礼しました┏○)) ペコ

局面が大きく動き出してきました。アシュラ童子も博羅町へ向かっています。もちろん、錦えもんたちも。さあ・・・・博羅町でどのような
展開が待ち受けているのか・・・・

そして・・・・不思議な人物が狂死郎。小紫の正体を知っている一人なのでは・・・・(。-`ω´-)ンー(。-`ω´-)ンーと思っていますが。真相は???

次週は一週ジャンプはお休みです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする