週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃【ネタバレ】123話「甘露寺蜜璃の走馬灯」感想!

更新日:

鬼滅の刃123話【ネタバレ】甘露寺蜜璃の走馬灯

鬼殺隊・恋柱、甘露寺蜜璃は彼女にしか操れない〝柔らかい日輪刀〟で上弦の肆の鬼の繰り出す攻撃をことごとく斬り防いでいく。

恋柱は、さらに激しい無数の攻撃を受けきり、鬼を倒そうと刃をその頸に絡ませた瞬間、
苛烈な音撃を喰らい、意識を飛ばしてしまうのであった。

意識を失った恋柱に、鬼が止めを刺そうと拳を振り上げたとき、彼女は走馬灯を見ていた。それは彼女の特殊体質により破談した「お見合い」のことや、自分を偽って結婚しようとした思い出であった。

と、彼女の意識が覚醒したとき、竈門炭次郎と禰豆子や不死川玄弥が甘露寺の盾となり、鬼の攻撃から身を挺して守ってくれているのを目の当たりにする。

彼女を抱きかかえて逃げる炭次郎達に、さらなる鬼の攻撃が降り注ぎ、よもや絶体絶命!
と思った瞬間、「みんなを守る!」と、泣きながらすべての鬼の攻撃を撃破する甘露寺蜜璃の姿がそこにあった。

【関連記事】

鬼滅の刃【ネタバレ】一覧

【青い彼岸花】の力を求めて…藤の花と鬼の関係も!

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体が日の呼吸・耳飾りの剣士!?

上弦の弐の鬼【童磨】その笑顔の裏側で……。

日の呼吸とヒノカミ神楽の出会い!真の継承者は誰?

ヒノカミ神楽(カグツチ)の呼吸【初代】日の呼吸の剣士との関係は?

1. 甘露寺蜜璃の刃

甘露寺蜜璃の日輪刀は極めて薄く柔(やわ)い。現代で例えると、それは新体操における「リボン」を翻すようなものである。そのスピードは凄まじく、それは彼女独特の筋肉の柔さと関節可動域の広さが可能とする、彼女だけが使える刀であった。

ドドン、ドン、ドン、ドン。鬼が太鼓を打ち鳴らし、攻撃を繰り出す。

恋ノ呼吸・弐の型   〝懊悩(おうのう)巡る恋〟   甘露寺は木竜の体を斬撃する。

木竜の口からさらに無数の音の攻撃が吐かれる。

陸ノ型   〝猫足恋風〟    恋柱はその攻撃をすべて斬り裂く。
「この速さでもついて来るか、ならば術で埋め尽くすのみ。」鬼が睨む。
血気術  〝無間合樹(むけんごうじゅ)〟 
木から生れた無数の木竜が空間全てを埋め尽くし、所狭しと恋柱に襲い掛かるのであった。

ここで初めて恋柱の日輪刀の形状の秘密が明かされる。一見奇妙で彼女の刃がグニャグニャとくねっていたのは彼女の体の特性を生かすためだったのだ!

それにしても——凄い攻防が目の前で繰り広げられ、読者は息つく暇さえ与えられない。
甘露寺と鬼の、命を懸けた力比べはどこまでエスカレートしていくのか……?
私たちは固唾をのんで見守っていくしかない……。

2.甘露寺蜜璃の危機

夥しい木竜の攻撃が甘露寺蜜璃に襲い来かかる。
「キャ——!! 広範囲!! 受けきれるかしら!?」

恋の呼吸・伍ノ型  〝揺らめく恋情・乱れ爪〟

甘露寺は宙返りし、空を舞い、翻り、空間を埋め尽くす、すべての攻撃を撃破する。

ギュルン。
彼女は間を置かずに鬼の頸に「柔な刃」を巻き付け、一気に止めを刺しに詰め寄る!

と、鬼が口を開く……。

ん!? 何かしようとしている!? でも大丈夫、頸を斬れば…。
恋柱は鬼の頸を斬ろうとさらに攻撃を畳みかける。

「甘露寺さん、そいつは本体じゃない!! 頸を斬っても死なない!!」炭次郎が横から叫ぶ。

瞬間、目を見張る恋柱。
えっ!! 判断まちがえちゃっ…  彼女が言葉を言いきる前に……

キイイイィィィィン————。
刹那、開いた鬼の口から音撃が放たれる。   〝狂圧鳴波〟

甘露寺蜜璃は白目を剥き、一気に意識を飛ばされる。

そして……
ドッ。 彼女はそのままの固まった姿勢で地面に両膝をつく。

「甘露寺さん!!」炭次郎が焦り叫ぶ!

「信じ難し!! この小娘。」  鬼が驚きで目を見張る……。
今の攻撃を喰らって尚、肉の形を保っているとは!!

甘露寺蜜璃は両膝を地面につけたまま両手を握り締めて硬直していた。

喰らう直前に全身の筋肉を硬直させた?  鬼は考え続ける。
しかしそれで耐えられる代物ではないぞ。 解せぬ。
いやそうか、図体に見合わぬ筋力…特異体質。これは良い。

「質の良い肉」を喰らうことは強さに直結する。
しかしまずは頭蓋と脳味噌を殴り潰しておくとするか。

鬼は恋柱の頭めがけて拳を振り上げるのであった。

無敵そうに見えた恋柱が危機に陥る。
「鬼は頸を斬れば滅びる」ので、頸を切断する攻撃が常套手段である。
甘露寺蜜璃もその想定で「肆の鬼」の頸を斬りにいったのは至極当たり前のことである。

しかし、この鬼は一筋縄ではいかない。しかも恋柱自体、上弦の鬼と闘ったことがなかったため、頸を狙ったことでわずかな隙ができてしまい、反撃を喰らってしまったのだ。

それにしても……で、ある。 ここまでやるか?
こんなにも可愛らしい女子力満載の「恋柱」でさえも、白目を剥かせてしまう強烈な攻撃を喰らわされてしまうなんて……作者はホント情け容赦が無い!

女の子のあの表情は、あまりにも痛々しすぎる。こんなのは辛すぎる。
作者はホントに正真正銘の〝ドS〟ではないのか! と、いつもながら今回も声を上げて叫びたくなってしまった次第である。「これ以上彼女を傷付けるな!」と……。

3. 甘露寺蜜璃の回想

「上弦の肆の鬼」の拳が恋柱の頭に迫る。
炭次郎は急ぎ彼女のもとへ駆け寄ろうとする。
———そして、甘露寺蜜璃は、その拳が到達するまでの一瞬で〝走馬灯〟を見ていた。

そこには眼鏡をかけた神経質そうなインテリ青年が立っていた。
「君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいでしょう。」彼は平然と言い放つ。

「このお見合いは無かったことに、私の事は忘れて下さい。」

それは2年前、甘露寺蜜璃17歳。お見合いが破談したときのことである。

甘露寺蜜璃。彼女は特殊な肉体を持つ人物である。生まれつき髪は黒色ではない。
筋肉の密度が常人の8倍ある。見た目は華奢な細腕も筋力的にはムキムキなのである。
それは彼女が1歳になった頃、15㎏の漬物石を持ち上げたことに始まる。
そしてその分、蜜璃はよく食べた。相撲取り3人よりも食べたのだ。

見合いが破談した日、彼女はこれを隠さねばと思った。

それからは自分を偽って、すべてに嘘をついて生きた。
髪を染め、力を隠し、食事もグッと我慢したのだ。

すると、しばらくして結婚したいという男が現れた。

その時、彼女はもう一度考える。
「いいのかな? 私こうして一生いきていくのかな?」

いっぱい食べるのも、力が強いのも、髪の色も全部私なのに
私は私じゃないふりをするの?

私が私のままで出来ることや、役に立てることがあるんじゃないかな?
私が私でいられる場所や、ホントの私を好きになってくれる人はいないのかな?
彼女はお見合いを続けながらさらに自問自答する。

こんなのおかしいよ。おかしい!!

「ぐわああああ。」「!?」 そして甘露寺蜜璃は現実へと覚醒したのであった。

とうとう出ました! 恋柱・甘露寺蜜璃の回想シーン!
それは「お見合い」や、色恋が絡む女性ならではの哀しい過去であった。
自分を偽って生きる事をやめた彼女の強い決意が、回想シーンから滲み出てくるようだ。

この「自分でありたい」という気持ちの裏返し=自分を認め、好きになってくれる人を見つけたい=いろんな人に惚れっぽくなってしまう。という図式に落とし込まれたのが今のきゃぴきゃぴ女子力満載の恋柱・甘露寺蜜璃だったのである。納得。

それにしても世間の男は見る目が無いなぁ。こんなに一途でいい女をほったらかしにしておくなんて! と思っているのは私だけではないはず!

4. 甘露寺蜜璃の決意

甘露寺蜜璃が気が付いた時————。

ドオッ。4つの人影が地面へと倒れ込む。

鬼の激しい攻撃から炭次郎、禰豆子、不死川玄弥の3人が急いで走り寄り、身を挺して彼女をかばい守っていたのだ。

「あれ、私、意識を飛ばして……」蜜璃は咄嗟に我に返る。

「ゲホッ。」咳き込みながら炭次郎が叫ぶ。
「立て立て、次の攻撃が来るぞ!」
「わかってるっつーの!!」玄弥が面倒くさ気に答える。

「甘露寺さんを守るんだ!! この人が希望の光だ!!」
炭次郎は蜜璃やみんなを抱えながらさらに叫ぶ。
「みんなで勝とう!! 誰も死なない! 俺達は……」
ドン!  鬼が太鼓を叩く。

ピシャァァァァ。 夥しい雷撃が怒涛の如く炭次郎達へと降り注ぐ。
「……」 やったか? 鬼が手応えを思案する。

——————と、
「みんな、ありがとお~~~~!!」
元気な蜜璃の声が辺りにコダマする。
「柱のに、ヘマしちゃってごめんねええ」彼女の声ははさらに反響する。

「仲間は絶対死なせないから。」
彼女の顔はクシャクシャになっている。
「鬼殺隊は私の大切な居場所。上弦だろうが何だろうが関係ないわよ。」

そして————
「私は悪い奴には絶対負けない。
 覚悟しなさいよ‼ 本気出すから‼」

恋柱・甘露寺蜜璃は、滝の如き涙を流しながら叫び続けるのであった。

さすが竈門炭次郎!
ここでも甘露寺蜜璃の危機を救ったのは炭次郎をはじめとする仲間たちであった。
彼は常に周りの仲間を気遣い、自分よりも相手を優先で行動する。

「みんなで勝とう! 誰も死なない!」
彼の揺るがない意志と信念を現すには、彼の「この言葉」に尽きる!

この気持ちが、仲間を、鬼殺隊を、敷いては人間全体を一つにして、強力な力を生み出していくのである。この炭次郎の想いこそが「鬼滅の刃」の神髄なのである。

救われた甘露寺蜜璃にも、そのことが痛いほど伝わっているはず。
自分の居場所であり、同志でもある炭次郎達が命を懸けて自分を守ってくれたのを目の当たりにしたのだから……。彼女の激しい涙がそれを如実に表している。

こうなったら、恋柱は強いよ! 
「みんなの想い」が彼女をさらに強くしたのだから!
女子力パワー、舐めるべからず! である。

鬼滅の刃124話の考察

今週の「鬼滅の刃」は〝ガールズ・ウイーク〟‼
まさか……このマンガで、「お見合い」や、男女の色恋沙汰が見られるとは思ってもいなかったので素直にビックリ! である。

甘露寺蜜璃は「自分らしくできる場所」、「ありのままの自分を受け入れてくれる人」を求めて鬼殺隊に入隊したのだが、そう考えると「鬼殺隊」自体が、世間から何かしらはみ出したアウトサイダーの集まりであることが窺い知れる。

恋柱は鬼殺隊の中でだけ〝普通の女の子〟となり、本当の恋愛や結婚ができるのである。
だとすると、炭次郎もおのずと甘露寺蜜璃の恋愛の対象になるということではないのか?

将来、蜜璃が「炭次郎のお嫁さんになりたい!」というような、ラブコメ的な要素も入って来るのではないかと、ついついほくそ笑んでしまう。(こんなのもたまにはいいっしょ!)

さてさて、来週である。

来週こそハイパー・モードの恋柱が、「上弦の肆の鬼」にぼろ勝ちしているに違いない。もうこれ以上女子が傷付くのは見たくないし、見ることもない筈……だと信じるし、信じたい。
「そうして下さい」と作者に懇願するしかない。(それが読者全員の「願い」なのだから)

ただ…気になるのが鬼の頸の斬り方、倒し方がいまだに謎のままだということ。
この答えを甘露寺蜜璃が持っているかどうかも今は不明なままであが、この謎さえ分かれば、もう終わりは見えたも同然である。 謎を解け! 炭次郎!

そうなることを祈りつつ————

今回は炭次郎のこの言葉で締めくくろう。
なぜなら、この言葉が来週の「希望」を表す最高の言葉だからだ。

「みんなで勝とう! 誰も死なない!」

【関連記事】

鬼滅の刃を無料読み!最新刊も今ならタダ!?

電子書籍マンガおすすめ♪

人気急上昇中の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

FODプレミアム

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

music.jp

無料登録ですぐにもらえる961円分のポイントが魅力♪

すぐに読みたい漫画が読めちゃうmusic.jpが現在人気急上昇中☆

eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.