「 月別アーカイブ:2018年07月 」 一覧

no image

紅葉の棋節【ネタバレ】第12話「焼きつく」感想!

【関連記事】 →紅葉の棋節【ネタバレ】一覧 紅葉の棋節【ネタバレ】第12話  春宮の過去の回想からスタート── 鼻が人より大きく、小柄でよくいじめられていた私。学校をサボっては家の押入れで将棋を一人指していた。 いじめられたのが悔しくて、涙が止まらなくて・・・全てを忘れるように将棋を指した。 そんな弱い私でも、町の大人をみんな負かすことができた。将棋なら私は強くなれたんだ。  プロになって三十年目に私は彼に会った。  春宮 「私に弟子入りしたいと・・・では、君はなぜ将棋を指す?どこが好きだ?」 春宮の目の ...

no image

約束のネバーランド【ネタバレ】97話「望む未来」感想!

約束のネバーランド97話ネタバレ シェルターの全ての子供達はミネルヴァさんのペンの中の情報を見ながら、その情報量の多さに驚きを隠せないでいた。 そして、残してきたフィルたちの救出や、新たな脱出計画のことなどのこれからのことをみんなで話し合う その中で「鬼」意外に危険な存在である「ラートリー家」と、ミネルヴァさん殺した〝裏切り者〟の存在を改めて認識する。 みんなのいろんな意見を聞いてから、エマは語り始める。 「エマの望む未来」について。 戦争は仕掛けず、誰一人失わず、みんなで逃げたいことを、 食用児を解放し ...

鬼滅の刃【ネタバレ】120話「悪口合戦」感想!

鬼滅の刃【ネタバレ】120話 鬼殺隊・霞柱、時透無一郎は上弦の伍の鬼、玉壺を前にして喋り続ける。 それは、いつの間にかお互いを挑発し中傷する悪口合戦の様相を呈し始める。 安い挑発には乗らず、あくまで冷静な玉壺であったが、無一郎に「壺の形」の批判をされた瞬間に大激怒する。 玉壺は、避けようのない激しい広範囲の攻撃を繰り出し、一気に片を付けようとするが、無一郎はそれをいとも簡単に撃破する。 だが玉壺はその斬撃で発生する猛毒ガスで、無一郎が死ぬのは間違いないと確信していた。 しかし、少年剣士は、その猛毒ガスをも ...

no image

ゴールデンカムイ【ネタバレ】167話「白くらみ」感想!

ゴールデンカムイ166話のあらすじ キロランケの正体を知り、尾形の高熱を好機と見て一度は、アシリパ達と行動を別にしようとする白石であった。 しかし、杉元からアシリパさんを頼むという言葉を思い出しアシリパ達と同行する決断をした。 ウイルタ民族が行った占いの結果は、「誰かが死ぬ」という不吉なものであった。 一方で、アシリパ達を追いかける杉元、谷垣、チカパシは猛吹雪により遭難していた。 一緒に行動していた鯉登達も杉元達がはぐれたことに気付いたが、吹雪が強く合流することができないでいた。 杉元達は合流できないまま ...

no image

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体が日の呼吸・耳飾りの剣士!?

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体 「鬼滅の刃」における十二鬼月の中でも孤高の強さと、圧倒的なオーラを持つといわれている〝上弦の壱の鬼・黒死牟〟 その所作はあくまで丁寧、且つ物静かであり、誰にも気配すら感じさせない独特の物腰を持つ「手練れの武士」そのものである。 そのワイルドな長髪に包まれた風貌は、左眼から上半分と右の口角から下半分から頸にかけて「赤い炎の痣」が浮かび、中心をギロリと睨む6つの目が怪しげに光り、尋常ではない雰囲気を醸し出している。(第98・99話より) 今回はこの上弦の壱、黒死牟の正体に ...

no image

キングダム【ネタバレ】567話「明日の太陽」感想!

【関連記事】 ⇒キングダム【史実】龍山文化の「夏」が中国最初の王朝か!? キングダム【ネタバレ】567話「明日の太陽」 【 秦・壁軍、メラ族軍 】 ”ひとりでも多く生き残り、立て直す”ために敗走を続けている壁軍とメラ族軍は、敵将ブネンが追撃の手を休めている時を見計らって小休止を取っていました。 壁軍もメラ族軍も負傷者の数は多く、撤退戦の難しさが窺えます。 壁にいつもの爽やかな目力がありません。 憔悴した壁に朗報が入ります。 「壁様っ キタリ殿が意識を取り戻しました」 兄のカタリをブネンに殺され、我を忘れて ...

no image

暁のヨナ【ネタバレ】第161話「イグニ様だって面白くない」感想!

暁のヨナ【ネタバレ】第161話「イグニ様だって面白くない」 【関連記事】 ⇒暁のヨナ【ネタバレ】一覧 今号はヨナたちが彩火城の貴賓室を抜け出した後からスタートです。 前号でケイシュク参謀は暗闇の中で自分の前に立ちはだかった青龍であるシンアの目を見ているのですが、それに対して大きな威圧感を感じています。 やはり青龍の目の力は強大ですね。 シンアは、力を使った反動は大丈夫だったのでしょうか? 一人に対しての能力使用なら問題なく体が動かせるレベルなのかな? この大脱出はヨナばかり気にしていたケイシュク参謀に、四 ...

ドメスティックな彼女【ネタバレ】196話「キャットファイト」感想!

ナツオの部屋に隠れていた雅。 抜け出そうとする最中、ルイと鉢合わせてしまい……。 ドメスティックな彼女196話ネタバレ 雅を見つけたルイはまず、目を擦りました。 そして一言発します。 「幽霊……?」 ルイの発言を受けた雅は、演技スイッチが入りました。 「あ……あ、寒い」 「寒いわ。ここはどこなの……?」 「何もわからない」 「あの男が自殺に見せかけ私を殺した夜から……」 「絶対に許さない」 雅の演技にナツオも乗っかります。 「いきなり何言ってるんだよ、ルイ。俺には何も見えないぞ?」 「確かに霊とか出てもお ...

ランウェイで笑って【ネタバレ】57話「スルーザファイアー」感想!

ランウェイで笑って56話のあらすじ ⇒ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧 予選を勝ち抜き、芸華祭ファッションショー本選への出場を決めた育人。 様々な困難に直面しながらも、どうにか準備を間に合わせることが出来ました。 準備を終えたライバル達が会場に集まり、ついに芸華祭ファッションショーが始まりました。 ですが審査員達の目は厳しく、いまいち評価の伸び悩むショーが続きます。 中には眠くなり始める観客も出始めました。 そんな中、育人を敵視するライバルであり本命でもある木崎香留のショーが始まりました。 ランウェイで ...

ブラッククローバー【ネタバレ】166話「蘇りし、復讐者」感想!

ブラッククローバー【ネタバレ】166話「蘇りし、復讐者」 【関連記事】 →ブラッククローバー【ネタバレ】一覧 前回は、アスタと黒の暴牛の仲間たちとの戦いを描いていたが、今回はエルフ側の回想から始まる。 「ウィリアム・ヴァンジャンス」の過去について、追想する所から今回は始まった。 幼いウィリアムは自分の胸に手を置いた。 ウィリアムは自分がまだ幼い、物心ついた頃から自分の中に存在する何かの存在を感じ取っていた。 自分の中に眠っているパトリの存在を感じていたのだ。 パトリはひどく傷ついていて、その中でも怒り、悲 ...

no image

紅葉の棋節【ネタバレ】第11話「交錯」感想!

【関連記事】 →紅葉の棋節【ネタバレ】一覧 紅葉の棋節【ネタバレ】第11話  綿貫の独白で始まる。   「俺は蔵道紅葉が嫌いだ。すっとバカにしてきた。結果を出せずに悔しがって空回りする、奴のことを。    だが、初夏の全国で奴に負かされて不覚にも、奴の将棋に魅せられたんだ。恥ずかしくなった。バカにされている奴を見下して、    上に立とうとする自分が。謝って許されるような単純な話じゃない。    だからせめて・・・蔵道の将棋と真摯に向き合おうと決めた。なのに、一番最初に奴を認めた貴女がそれを言うのか!?」 ...

no image

ワンピース【ネタバレ】912話「編笠村」感想!

ワンピース 第912話 「編笠村」ネタバレ 【関連記事】 →ワンピース【ネタバレ】一覧  天狗の膝に抱えられ、病状の良くない、たま。ルフィが、たまに「待っているエースって、ポートガス・D・エースか?」 とたずねます。たまが待っているのは、まぎれもなくポートガス・D・エース。  「エースは死んだ。」ルフィの非情な一言。ショックを受けるたま。「うそだ~~!!!アニキはウソつきでやんす~~!!」 と叫んで、たまは気を失ってしまいます。  ルフィ「気ィ失っちまった・・・エースもワノ国に来てたのか。」 と、気を失い ...

no image

鬼滅の刃【ネタバレ】119話「よみがえる」感想!

鬼滅の刃【ネタバレ】119話「よみがえる」 鬼殺隊・霞柱の時透無一郎は記憶の中で、兄である有一郎から弟への「真の想い」がこもった告白をしっかりと受け取る。 そのころ、あばら屋では玉壺がどれだけ妨害し、どれだけ傷つけても、血だらけになりながらも、恐るべき集中力で刀を研ぎ続ける真の刀鍛冶師、鋼鐵塚の姿があった。 頭にきた鬼がさらなる妨害をしようとする寸前、そこに無一郎が割って入る。 その行為に嫌悪した玉壺は無一郎にさらに強力な攻撃を繰り出す。 あまりに激しい攻撃に、無一郎の刀は折れ、小屋は全壊するが、鋼鐵塚は ...

no image

約束のネバーランド【ネタバレ】96話「おかえり」感想!

約束のネバーランド96話ネタバレ 約束のネバーランド【ネタバレ】一覧 爆破され、粉みじんとなるゴールディ・ポンド密猟場。 水中に没し消えゆく町の中で、頭部を破壊された血まみれの鬼達の死骸だけがその光景を見守っていた。 その頃、エマを背負い、励ましながら一目散にシェルターへと急ぐオジサンの姿があった。 そのシェルターではエマ達の帰りを待つギルダたちが日々元気に過ごしていた。 そこへオジサンが無事帰還する。 帰って、休む間もなくエマの手当てを行うオジサンだったが、そこへ爆弾の起動装置を握り締めたギルダが乱入す ...

no image

鬼舞辻無惨は産屋敷耀哉と同じ一族!鬼へのパワハラも過去をたどれば…

「鬼滅の刃」は、人を主食とする異形の鬼と、鬼を狩る政府非公認の組織「鬼殺隊」との戦いを描く伝奇ロマン物語である。 数多の鬼の生みの親で、異形の鬼の集団「十二鬼月」を作りあげ、圧倒的な強さと恐怖を纏う人知を超えた闇の怪人が鬼舞辻無惨である。 一方、9人の柱が率いる「鬼の撲滅部隊」である鬼殺隊の当主で、その尋常ならざるカリスマ性で全ての人を魅了するのが、「お館様」こと光輝く産屋敷燿哉である。 産屋敷と鬼舞辻、光と闇の二人を抜きにしてはこの物語を語る事は到底できない。 物語の出発点であり、中心点であるこの2人の ...

Copyright© 電子書籍ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.